「取材レポ」キム・スンデ&チョン・ドンソク 「Two Of Us ~歌ある限り~」発売記念トーク&ミニライブ開催!

韓国ミュージカル界の貴公子キム・スンデと、韓国ミュージカル界のライジングスターチョン・ドンソクが、4月1日東京・赤坂ACTシアターにて、日本で初めて行われた「K-Musical Stars Concert 2013」にイム・テギョン、オク・ ジュヒョンと共に出演し観客を魅了した。

 

そんな韓国ミュージカル界の若き表現者の二人が、アルバム「Two Of Us ~歌ある限り~」を8月28日に日韓同時にリリース。
そして、アルバムリリースを記念して来日し、9月11日(水)東京・銀座山野楽器本店 7F イベントスペース“JamSpot”にてプロモーションイベントを開催した。

 

ネイビーのスーツ姿のキム・スンデとチョン・ドンソクは、客席からの大きな歓声と拍手に迎えられ、少し照れながらも爽やかな笑顔で登場。
「今日は少し緊張しています。キム・スンデです(日本語)」、「みなさん、こんにちは。チョン・ドンソクです。舞台ではあまり緊張しないのに今日はすごく緊張しています(笑)」と二人ともかなり緊張している様子であいさつをした後、緊張感を自らほぐすように「僕は全然緊張していません」とマイクを握る手をブルブルと振るしぐさをするキム・スンデに客席から笑いが起こり、ここで一気に緊張感もほぐれトークがスタート。

 



―韓国のミュージカル俳優としては初めて日本でアルバムを出すことになった今の気持ちは?

チョン・ドンソク:本当にありがたいと思っています。

大好きな兄貴(キム・スンデ)と一緒にこのアルバムを作ることが出来てうれしかったです。
キム・スンデ:もともと予定はなかったのですが、「K-Musical Stars Concert 2013」に出演したあとにみなさんが喜んでくれたので、その気持ちにお返しができればと思い、みなさんへのプレゼントとしてこのアルバムを作りました。みなさんとまた再会することができてうれしいです

 



―今、まだ緊張していますか?

キム・スンデ:ドンソクの肩に手を回しているんですが、肩がずっと震えていて、なんだ、このくらいで震えているのと思ったんですが、実は自分も足が震えているというくらい二人とも緊張しています(笑)。

―今日歌ってくれるソロの曲はどんな曲で、どのような意味がある曲なのか教えてください。

キム・スンデ:僕は日本で初めて仕事で来日したのが2006年です。韓国ミュージカルの「ジキルとハイド」でアンサンブルとして初めて来ました。僕にとってはデビュー作であり、プレッシャーにもなりますが、みなさんが喜んでくださったのでその曲を歌います。

チョン・ドンソク:僕は「カテドラルの時代」を歌います。僕にとってはデビュー作であり、ミュージカルの世界に初めて入った意味深い曲なので、それをアルバムに収録しました。この曲を披露したいと思いますが、今日僕はすごく緊張しているのでスンデさんから歌ってください。(笑)

そしてキム・スンデが「ジキルとハイド」より「This Is The Moment(時が来た)」を披露し、続いてチョン・ドンソクは「ノートルダム・ド・パリ」より「Le Temps des Cathedrales(カテドラルの時代)」を熱唱し、会場はミュージカルさながらでファンを魅了し、大歓声と拍手が沸き起こった。

 



―このアルバムが日韓で発売されることを聞いていかがでしたか?

チョン・ドンソク:本当は一緒にやりたくなかったんです(笑)。ほんとに仲が良いし、同じ役を演じたことも多かったので、一緒にデュエットもできることも嬉しかったし、楽しみでした。

 



―韓国では二人のデュエットで声は合っているのかと心配されましたが、実際に歌ってみてどうでしたか?

キム・スンデ:本当に心配されている方が多かったんですね。ドンソクさんの声のカラーと自分の声のカラーが違うと思うので、僕たちも録音しながら二人の声がハーモニーになるのか心配しました。アルバムが発売になって聴いてくださっている方も多いと思いますが、僕たちとしては意外とよく合うんだなと思いました。

 

ここで会場のファンもそれを認めるがごとく、大拍手が起こった。


―お互いに初めて会ったときの印象は?

チョン・ドンソク:怖くて逃げ回っていました(笑)。韓国の軍隊で海兵隊は一番厳しいところですが、除隊しても先輩後輩の関係が厳しいところなんです。二人ともその海兵隊出身で、スンデさんに自分が海兵隊であることを隠そうと逃げ回っていたんです(笑)。スンデさんの友達がそれを言ってしまったんです。稽古場でもバレないように離れていたのですが、スンデさんがあるとき、「必勝」と軍隊のあいさつを言い、「僕は何期だよ、知らないフリをしたのか」と言われた時には世界の終わりかと思い一気に手に力が入り、「必勝」とあいさつしました(笑)。それが縁なのか今では二人は仲が良いし、頼り合いながら仲良くやっています。


―二人にとって共通の意味がある曲がアルバムに入っていますね?

キム・スンデ:みなさんが僕たちのことを知るというきっかけになった作品です。僕の場合は作品を通して日本のミュージカル俳優と交流を深めたり、イベントやミニコンサートも参加したりしましたので、みなさんにはその時初めてあいさつさせていただいたと思います。
チョン・ドンソク:「闇が広がる」は去年「エリザベート」の時に二人ともルドルフ役で、今年はトート役を演じているので、同じ曲の中で違う役になってこの歌を歌うことができて、自分にとって意味深い曲になりました。

 

そして二人で一緒に歌ったことがなかった「エリザベート」の「Die Schatten Warden Langer(闇が広がる)」を今回初めて二人で披露。スタンドマイクを使用して熱唱し、会場は舞台の興奮そのもので大拍手と歓声が沸き起こった。

 



―今、歌い終えての気持ちは?

キム・スンデ:何をやったのでしょう、興奮していて思い出せないです(笑)。
チョン・ドンソク:幸せですね、もっとうまくできたのにと思う気持ちもあります。ありがとうございます。


―今後の活動予定を教えてください。

チョン・ドンソク:「エリザベート」の地方公演が残っています。デビュー作「ノートルダム・ド・パリ」の公演が9月27日から始まります。僕の場合は10月1日が初日です。もしお時間ありましたら韓国まで観に来てください。
キム・スンデ:日本に来るのを楽しみにしていました。作品の中ではなく一人の俳優としてここで歌を披露するのは初めてで、作品ではないので緊張しないと思っていましたが、今日はとても大きな公演のような気がしました。
チョン・ドンソク:すごい、緊張していましたよね。

キム・スンデ:僕たちの初めてのアルバムなので初々しいフレッシュな感じで聴いてくださったらいいなと思います。韓国では三谷幸喜さん原作の「笑の大学」です。この前は「モンテクリスト」で苦難の多い役でしたが、今度は明るいキャラクターです。「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」とあわせて二つの作品に出演しますので、みなさん観に来てください。


―日本のファンへメッセージをお願いします。

チョン・ドンソク:ありがとうございます。「ありがとうございます」という言葉はほんとにステキな言葉です。こんなにブサイクで歌もできなくて(笑)、今後も頑張っていきますのでよろしくお願いします。
キム・スンデ:アルバムを発売し、このようなステージで歌を披露することができたのもみなさんのおかげだと思います。渡辺ミュージック、ワーナーミュージック、韓国のテアトロの3社と収益を考えず、感謝の気持ちをお届けしたいという気持ちでアルバムを出しました。みなさんのおかげです、本当にありがとうございました。

 

最後の曲はサイモン&ガーファンクルの「Bridge Over Troubled Water(明日に架ける橋)」を二人の甘く美しいハーモニーと力強い歌声で客席に感動を与え、ファンを魅了し会場は興奮する中イベントは終了した。

 

二人の最高の歌声とミュージカルスターのオーラで感動のイベントはファンの心に残るステキな思い出となった。
終了後はサイン会が行われ、ファンひとりひとりと会話をしながら熱い交流を楽しんだ。
今後の二人の活動を通して、韓国エンタテインメントの新たな波は、確実に「韓国ミュージカル」に向かっていくことだろう。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

■キム・スンデ ジャパンオフィシャルサイト
http://kim-seungdae.jp/

■チョン・ドンソク ジャパンオフィシャルサイト
http://jeon-dongsuk.jp/

 

2013.09.13

blank