昭顕世子(ソヒョンセジャ)が急死した真相は何か?

清での8年間に及ぶ人質生活を終えて、1645年2月に母国に帰ってきた昭顕(ソヒョン)世子。しかし、わずか2カ月で亡くなってしまった。あまりに不可解な急死。毒殺を疑われるのも当然だった。

 

歴史書も毒殺疑惑を提起
朝鮮王朝の正式な歴史書の「朝鮮王朝実録」。1645年6月27日の項では昭顕世子の遺体について次のように記している。
「世子は帰国してからすぐに病気になり、それから数日で世を去った。からだ全部が黒ずみ、耳・目・口・鼻などの7つの穴から鮮血が流れていた。まるで薬物で中毒になって死んだ人のようだった」
ここまで書かれているので、毒殺を疑われるのも当然だった。

そして、疑惑の張本人と目されたのが医官の李馨益(イ・ヒョンイク)だった。
仁祖から寵愛された側室の趙(チョ)氏。数々の悪行に手を染めた悪女だ。
ドラマ『華政(ファジョン)』にも、狡猾な女性として登場している。
実は、李馨益は趙氏と親しい医官であった。
彼は、もともと趙氏の実家に出入りしていた医者なのだ。その腕を見込んだ趙氏は、推挙して王族の医官に送り込んだ。

李馨益が得意だったのが鍼治療である。
彼は仁祖にも鍼治療を施していた。
そして、帰国した昭顕世子に鍼治療をしたのも李馨益だった。
しかし、昭顕世子は急死してしまった。
「李馨益が鍼に毒を塗って昭顕世子を毒殺した」
そういう噂が宮中で広まった。
(ページ2に続く)

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

悲劇の五大世子/朝鮮王朝の五大シリーズ1

昭顕世子(ソヒョンセジャ)の悲劇的な最期とは?

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

2020.02.19