ユン・サンヒョン、「40歳を越えて結婚に対して切実だった」救世主が現れたと愛情表現

201412021231770872_547d32bfd7c59

俳優ユン・サンヒョンが新婦になる歌手MayBeeについての愛情を余すところなく表現した。

ユン・サンヒョンは2日午前、鍾路(チョンロ)区新門路(シンムンロ)に位置する、あるカフェにてOSENのインタビューに応じ、「救世主が現れた」と幸せな気持ちを隠せなかった。

彼はこの日、「僕の両親も早く結婚されたし、周囲の方たちも皆結婚した。親戚たちもそうだし、僕だけ一人結婚しないで家庭もないので、一人ぼっちになったようで寂しさをたくさん感じたようだ」とし、「40歳になって、早く家庭を持たないといけないのに、結婚しないと!と思った。両親も体調が思わしくないし、自分の仕事だけを考えるより、家族を考える年になった。その時救世主が現れた。」と微笑んだ。

続けて「女性に会いながら、結婚する気持ちさえ固めれば、十分することもできただろう。しかし、今までのことを考えてみると皆、この女性に出会うためだったのではないかと思った」と語った。

ユン・サンヒョン主演の映画「トクス里の5兄弟」は来る4日、公開される。

2014.12.02

blank