仁祖(インジョ)が貞明公主(チョンミョンコンジュ)を標的にした!

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

仁穆(インモク)王后は、娘の貞明公主(チョンミョンコンジュ)の幸せを願いながら1632年に48歳で亡くなった。このときから、貞明公主を支援していたはずの16代王・仁祖(インジョ)の態度が変わってきた。それによって、彼女はかなり辛い立場に追い込まれていった。

呪い殺されるという恐怖

仁祖は、なぜ貞明公主への態度を急に変えたのか。
それは、仁穆王后の葬儀を終えたあとに、急な病に襲われたからだった。
激しい下痢と腹痛、そして、高熱に悩まされた仁祖。主治医が診断しても原因がわからないほど、病は深刻だった。
苦しみ抜いた仁祖は、疑心暗鬼になった。
「誰かが呪詛(じゅそ)をしているのだ。それに違いない」
そう思い始めた仁祖が、自分を呪い殺そうとしている相手として思い浮かべたのが貞明公主だった。
朝鮮王朝時代には、本当に人を呪い殺せると信じられていた。それゆえ、呪詛は重大な罪になった。
首謀者は死罪をまぬがれなかったのだ。
それにしても、仁祖はなぜ貞明公主に疑いの目を向けたのか。

そこには伏線があった。
実は、仁穆王后が世を去ったあと、彼女の部屋から書が出てきたのだが、その中に「王を廃位にして新しい王を擁立したほうがいい」という意味の文があった。
具体的に、どの王を指すのかはわからなかった。そういう意味では、抽象的な文であった。
それなのに仁祖は、仁穆王后が陰謀を計画していたのではないか、という疑いを強く持った。
(ページ2に続く)

2020.02.14