チ・チャンウク&キムユジョン、新ドラマ「コンビニの新星」で共演…12歳年齢差が話題

ドラマ「コンビニの新星」の主人公に俳優チ・チャンウクとキム・ユジョンがキャスティングされ、ふたりの年齢差が注目されている。
「コンビニの新星」は、グローバルチャンネル「Lifetime」が韓国で初の投資作に決めたドラマで、人気ドラマ「熱血司祭」を演出したSBS出身のイ・ミョンウPD(プロデューサー)がメガホンを取ることで放送前から熱い話題を集めている。

キム・ユジョンは1999年生まれで今年22歳、チ・チャンウクは1987年生まれで今年34歳で、ふたりの年齢差は12歳だ。年齢ではチ・チャンウクが年上だが、キム・ユジョンがチ・チャンウクより演技者としては先輩だ。キム・ユジョンは2003年にデビューし、子役俳優として出演した大作から、ドラマ「雲が描いた月明り」「まず熱く掃除せよ」など多くのドラマに出演して20代を代表する俳優として定着した。

(2ページに続く)

・「取材レポ」チ・チャンウク“YouTuber、ラジオDJなど新たな魅力でファンを魅了!”除隊後初ファンミーティング大盛況!

・俳優チ・チャンウク、驚くほどの完ぺきなビジュアルに視線集中!”カルバンクライン、韓国俳優初のグローバルモデルに抜擢”

・俳優チュ・ジフン、俳優チ・チャンウクから撮影現場に寒さ和むコーヒーカー到着!

・【公式】俳優チ・チャンウク、新ドラマ「コンビニの新星」へ出演検討中と事務所が明かす

2020.01.29

blank