もしも光海君(クァンヘグン)が長く国王であったならば

兄弟による後継者争い
光海君(クァンヘグン)は14代王・宣祖(ソンジョ)の二男として1575年に生まれた。
1592年、朝鮮王朝が豊臣軍の攻撃を受けたときに、光海君は若くして武勲をあげている。兄の臨海君(イメグン)が捕虜になって屈辱にまみれたのとは対照的だ。
朝鮮王朝では長男が王位を継承するのが原則であったが、臨海君より光海君のほうが力量的に王にふさわしいと高く評価されて、光海君は世子(セジャ/王の正式な後継者)となった。

しかし、臨海君を支持する高官たちが巻き返しに出た。
さらに、宣祖の正室が息子を産み、後継者争いが激しくなった(臨海海も光海君も宣祖の側室から生まれていた)。

その中でも光海君は着実に力をつけて、宣祖が1608年に世を去った後に15代王となった。
(ページ2に続く)

2020.01.13