偏屈だった英祖の若き日をチョン・イルが『ヘチ』で見事に演じた!

ドラマ『ヘチ』で、チョン・イルが扮したのが朝鮮王朝の21代王・英祖(ヨンジョ)である。彼の母である淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ/ドラマ『トンイ』の主人公として有名)は1718年に亡くなり、父の粛宗(スクチョン)も1720年に世を去った。

出自の問題

1720年、張禧嬪(チャン・ヒビン)が産んだ王子が20代王・景宗(キョンジョン)として即位した。この景宗には子供がいなかった。もし景宗が世を去れば、異母弟であった英祖が自動的に王位を継承する。
その景宗は即位して4年で世を去り、英祖が21代王となった。
このとき、「英祖が兄を毒殺したのではないか」という噂が出て、国中が大騒動に巻き込まれる。
噂には根拠があった。
景宗が病床に臥せっているとき、主治医が「いけません」と反対したのに英祖は景宗にカニと柿と人参茶を差し出した。結局はそれらが病状を悪化させる原因になったと推定されている。
英祖は自分にとって都合の悪い噂を必死に打ち消すが、深刻な反乱が起きる。その反乱の告発書には「英祖は粛宗の子供ではない」「英祖が景宗を毒殺した」と書いてあった。まさに衝撃的な内容だったのである。

何をもって英祖が粛宗の息子ではないというのだろうか。
実は、2人はまったく似ていなかったという。
朝鮮王朝時代に「顔相」という顔の相を見る専門家がいたが、その専門家が見ても英祖は少しも粛宗に似ていなかったそうだ。
それが疑惑の根拠になった。
反乱は鎮圧されて、英祖はその噂を完璧に打ち消すのだが、その過程でかなりの人が処罰された。
なお、英祖は、自分の母親である淑嬪・崔氏の身分が低かったことに大変コンプレックスを感じていた。
実際、英祖は父の粛宗の正室から生まれた子ではないし、自分の母親の出自に不明な点が多いことが悩みの種だった。
なおかつ、粛宗の子供ではないという告発で反乱まで起きている。英祖の悩みは深くなるばかりだった。

それで、相当な癇癪(かんしゃく)持ちの性格になってしまった。即位から38年後の1762年には自分の息子の思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めて餓死させるという、父親として大変残虐な事件を起こしている。
英祖は偏屈な王であった。出自の問題で相当悩みが深かったことも事実であり、そうした悩みを通して疑い深い性格になってしまった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

『ヘチ』でチョン・イルが演じた英祖の人生は波瀾万丈だった!

チョン・イルが『ヘチ』で演じている英祖(ヨンジョ)とは誰なのか

『ヘチ』主演のチョン・イルが語る「イ・ミンホとの友情物語」!

2020.01.12