朝鮮王朝の絶世の美女は誰か5「貞明公主(チョンミョンコンジュ)」

1603年、宣祖(ソンジョ)の継妃であった仁穆(インモク)王后が王女を産んだ。それが貞明(チョンミョン)公主である。仁穆王后は続いて1606年に永昌大君(ヨンチャンデグン)を産んでいる。貞明公主に弟ができたのだ。

長く苦しい監禁生活

貞明公主の父の宣祖は1608年に亡くなってしまった。そのとき、貞明公主は5歳で、永昌大君は2歳だった。
結局、宣祖の後を継いで15代王として即位したのは、貞明公主の異母兄の光海君(クァンヘグン)だった。
光海君は1575年の生まれである。貞明公主よりは28歳上だった。
この光海君の一派が王位を安泰にするために、永昌大君を1614年に殺してしまった。

さらに、仁穆王后と貞明公主は西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉された。こうして、2人にとって長く苦しい監禁生活が始まった。
(ページ2に続く)