「SJ」キュヒョン、ソロタイトル曲「光化門で」で変身

201411071035774274_545c228b560be初のソロアルバムで話題を集めているSUPER JUNIORのメンバー、キュヒョンが、タイトル曲「光化門で(At Gwanghwamun)」を通じ、感性を塗り替えて変身する。

キュヒョンのタイトル曲「光化門で」は叙情的なメロディーとキュヒョンの甘美な声が完全に調和したバラード曲で、歌詞には恋人との別れの季節が与える美しさと変化になぞらえて、淡々と表現、幅広い世代の感性と共感を誘った。

加えて、キュヒョンは来る14日KBS「ミュージックバンク」を皮切りに、15日MBC「ショー!音楽中心」、16日SBS「人気歌謡」など各種音楽番組に出演して新曲「光化門で」を披露し、キュヒョンの優れた歌唱力と感性的なボーカルで音楽ファンたちを魅了させるものと見られる。

また、本格的なアルバム活動に先立ち、13日、ソウル麻浦区yes24ムーブホールで初のソロアルバムの発売を記念して、秋の音楽会「光化門で」を開催する。観客参加方法などは後日ホームページを通じて公知される予定。

キュヒョンの最初のミニアルバム「光化門で」の全曲音源は、来る13日0時、各種音楽サイトを通じて公開される。

<写真> SM提供

2014.11.07

blank