イ·ミンホの人気実証!「江南1970」アジア11カ国に先行販売の快挙!

201411060808777455_545aae8620f1c

韓流スターイ・ミンホが主役を演じた映画『江南(カンナム)1970(原題)』が、アジア圏で完売する快挙を成し遂げた。

『江南1970』の配給会社ショーボックスは6日午前、「『江南1970』が日本、中国、台湾、香港、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシアなど合計11カ国への配給を確定した」と明らかにした。

日本のクロックワークスは『哀しき獣(原題:『黄海』)』、『チェイサー』、『監視者たち』などの韓国映画を輸入、配給した。中国は総合エンターテインメント社上海ニューエムパイアエンターテインメントと『アイアンマン3』、『LOST』、『10人の泥棒たち』の映画配給に参加した専門会社深セン大方メディアが『江南1970』を輸入した。

香港は『ブロークバック・マウンテン』、『ラスト、コーション』などを配給して『グリーン・デスティニー』、『英雄~HERO~』、『コールド・ウォー ‐香港警察 二つの正義』を製作して60年の歴史を誇る中華圏最大の製作、投資、配給会社であるEdko Films、シンガポールは『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『ダイバージェント』などの配給をしたゴールデンヴィレッジ(Golden Village Pictures)など、自国の市場で配給力が強大な会社が『江南1970』の版権を購入した点から憶測して、アジア圏での興行成績もまた期待されている。

一方『江南1970』は1970年代、ソウル開発が始まった江南の土地をめぐって2人の男の欲望と義理、背信を描いたユ・ハ監督の街3部作の完結版で、来年1月公開予定だ。

2014.11.06

blank