「公式」“面白半分に作成”..ナ・ヨンソクPD-チョン・ユミ不倫説を虚偽作成した作家、1審罰金刑

ナ・ヨンソク・プロデューサー(以下、PD)とチョン・ユミの不倫説を流布した放送作家が、1審で罰金刑を宣告された。

法曹界によると17日、ソウル中央地方裁判所刑事3単独キム・チュンホ部長判事は、情報通信網法相名誉毀損疑惑で起訴された放送作家AさんとBさんに罰金300万ウォンの刑を宣告し、これを流布したCさんには罰金200万円の刑を宣告した。

1審裁判所は、面白半分でメッセージを作成して送ったことが動機だと知らせた。裁判所は「Aさんたちは放送関係者に飛び交う噂を聞いてメッセンジャーで単純に遊び半分でメッセージを作成して送った。 被害者に対する悪い感情を表現するためのものではない」と、判断した。

また、裁判所はチョン・ユミとナ・ヨンソクPDの不倫説と関連して、その内容が事実なのか合理的根拠がないとも説明した。

(2ページに続く)

2019.08.17

blank