「ZE:A」ヒチョル、ウェブドラマ主演に決定=演技に初挑戦

image

韓国アイドルグループ「ZE:A」のヒチョルが、ウェブドラマ「人形の家」の主演にキャスティングされ、演技に初挑戦することがわかった。

ヒチョルは、NAVERウェブドラマ「人形の家」で、執事の息子でミステリアスな人物ビョンテ役を演じる。これにより、デビュー以降、初めて演技に挑戦することとなり、歌手とはまた違った姿を見せる予定だ。

「人形の家」はことし1月、「ZE:A」のメンバー ドンジュンが出演したウェブドラマ「後遺症」のスピンオフ。人間の本性にまつわる恐怖スリラー作品だ。

子供のために完ぺきを追求する女性とその完ぺきさを壊す人は誰でも破壊してしまう家族、そして女性の欲望に振り回される一人の少年に関するストーリーを描く。

今回の作品でヒチョルは主演に抜てきされ、ソン・ジュアとタッグを組む。すでにメンバーのシワンとヒョンシク、ドンジュンが歌手活動と俳優活動を並行している。ヒチョルも今回の作品を通して、俳優への変身に成功するかどうか、注目を集めている。

WOW!korea提供

2014.10.11

blank