「取材レポ」CRAYON POP(クレヨンポップ)来春待望の日本デビュー決定!“目標はレディ・ガガ”囲み取材に登場!

DSC_1555

キャッチーなメロディーとコミカルな5気筒ダンスで韓国はもちろん、日本でも“BAR BAR BAR(パパパ)”ブームを巻き起こし、世界的人気の歌姫レディー・ガガの全米ツアーのオープニング・アクトを務めるなど、今全世界が大注目するK-POPガールズグループCRAYON POP(クレヨンポップ)が10月4日(土)、東京・品川・ステラボールにて、「2014 First Chrome Family in Japan Concert」を開催、昼夜2公演で約2000人を動員、大盛況で飾った。

DSC_1402DSC_1455

所属事務所「chrome entertainment」のファミリーコンサートということで、K-MUCHのアト、BOB GIRLSのダヘがMCとして登場。
「BOB GIRLSのダヘです。みなさんに会えてうれしいです」と述べると「K-MUCHの末っ子、今日のMCアトです。お会いできてうれしいです」と日本語であいさつし、コンサートがスタート。

DSC_1162DSC_1179 昼公演最初のステージは今年1月韓国でデビューしたばかりのフレッシュな新人5人組ボーイズグループ、K-MUCH(ケーマッチ・韓国語カルムチ)。

天敵のない魚、雷魚(カルムチ)のように激しい芸能界で、強い精神力と生存力で生き抜くという意味を持つグループ。

DSC_1180 特殊部隊をイメージしたブラックの衣装で登場したK-MUCHのリーダー・キュー、ボーナス、ロッキー、ジロウ、アトは「You don’t know anything」など2曲をパワフルなダンスパフォーマンスともに、展開し、会場を沸かした。

DSC_1238つづいて、韓国で6月にデビューしたばかりの“CRAYON POPの妹グループ”BOB GIRLS(ボブガール)がステージに登場。

BOB GIRLSというグループ名はボブヘアーの意味だけでなく、女性の変身、変化を象徴する意味で名付けられた。

DSC_1267 ミッキーマウスを連想させるブラックのカチューシャに、白いジャケット、そしてブラックのショートパンツの衣装でダンビ、ジナ、ダヘ、ユジョンの4人がスタンドマイクの前に立つと会場からは男性ファンの歓声が一段と大きくなった。
デビュー曲「NO Way」をセクシーなダンスと共に届け、ポップな曲「What’s wrong」では一変し、キュートなダンスで 男性ファンはもちろん、女性ファンも虜にした。

DSC_1300ピンクのスーツに着替えたアトと、ダヘが再登場し、次の出演者ZAN ZANを紹介。

DSC_1648ヤン・ジョンモ、パク・ミングからなる男性デュオZAN ZANはCRAYON POPのチョアとウェイがMVに出演したデビュー曲「Chicken feet」をしっとりと歌い上げ、会場を大人の雰囲気に包み込んだ。

さらに軽快なテンポの「Feast」では観客も巻き込み、会場を盛り上げた。

DSC_1362

ここで、出演者がステージに登場し、プレゼントコーナーへ。
CRAYON POPがステージに登場すると、この日一番の大歓声が沸き起こり、彼女たちの人気の高さ証明した。

DSC_1416DSC_1446 ダヘとアトのリードで、抽選で選ばれた5名がステージに上がり、出演者のモノマネで1位になった人にスペシャルプレゼントが贈呈されるというもの。
CRAYON POPやZAN ZANのモノマネで会場を沸かした5名のファンの中から見事1位に選ばれた女性ファンはCRAYON POPとの2ショット写真とサイン入りCDをゲット。
残りの4名もサイン入りCDをCRAYON POPのメンバーから直接手渡され、満面の笑みで客席へ。

DSC_1457ライブの大トリはCRAYON POP。

グリーンのペンライトが灯され、ファンの熱狂的な応援で会場のテンションはMAXに。
大歓声の中、CRAYON POPが赤いスカーフを被り、韓国の伝統的な部屋着をアレンジした衣装で「Uh-ee」をパフォーマンス。

 

DSC_1465DSC_1494DSC_1498DSC_1488ファンと一体となったステージで会場を沸かし、「みなさん、こんにちは。CRAYON POPで~す」と全員で日本語のあいさつ。
「こんにちは。微笑み天使、エリンです(エリン)」「みなさん、お元気ですか?こんにちは。元気いっぱい末っ子、ソユルです。お久しぶりです。よろしくおねがいします。(ソユル)」「こんにちは。健康美人グンミです(グンミ)」「みなさん、楽しいですか?クールな魅力チョアです(チョア)」「いっしょに遊びましょう!さわやかな魅力、ウェイです(ウェイ)」とそれぞれ自己紹介。

DSC_1553 「いきましょう!ミュージック、キュー!」の掛け声で、出演者が再登場し、「BAR BAR BAR(パパパ)」へ。

DSC_1537DSC_1539 「いっしょにジャンピング!」「クレヨンポップ!」とファンに声をかけながら、盛り上げていくCRAYON POPのメンバーたち。

DSC_1505DSC_1514 エンディングトークではグンミが「私たち、11月19日(水)に日本版ミニアルバムの発売が決定しました!」とうれしいニュースを伝えると、ソユルが「まだ、あります。来年、2015年、ついに、ポニーキャニオンから日本デビューシングルをリリースします!」とビックニュースを連発。

さらに、公式ファンクラブもオープンすると報告すると会場は歓喜し、大歓声に包まれた。

DSC_1600DSC_1603DSC_1613

同公演終了後には囲み取材が行われ、CRAYON POPの5人が登壇。
取材陣を前に改めて自己紹介をしたメンバーは笑顔で取材に応じた。

DSC_1759DSC_1794DSC_1820

Q来春の日本デビューが決定しました。今の心境を聞かせてください。
グンミ:日本のファンのみなさんは、私たちCRAYON POPが日本でデビューすることを本当に待っていてくださったので、今からすごくドキドキしています。そして、楽しみですし、うれしいです。早くたくさんの日本のファンのみなさんにお会いしたいと思っています。
ソユル:日本で早くアルバムを出して、たくさんコンサートをしたいです。そして、たくさんのファンのみなさんにお会いしたいです。

DSC_1803

Q みなさんが思うCRAYON POPの魅力とは?
ソユル:やはり“隣のお家の妹”のようなところが魅力だと思います。
エリン:私もそうだと思います。
ソユル:そして、皆さんとコミュニケーションできるところが私たちの魅力です。

DSC_1806

Q目標にしているアーティストはいますか?
チョア:私たちはアメリカでレディー・ガガさんのツアーのオープニング・アクトを務めさせていただき、約1ヶ月間ご一緒させていただきました。レディー・ガガさんは本当に世界のみなさんから愛されるアーティストだと感じました。私たちも(レディー・ガガのように)そんなアーティストになりたいです。

DSC_1809

Q今後、日本での活動も多くなると思いますが、日本の好きな食べ物を教えて下さい。
エリン:うなぎ!
全員:お好み焼き! 寿司! 牛丼! ラーメン!
グンミ:本当に好きな食べ物がたくさんあります。

DSC_1811

Q日本でトライしたいことは何ですか?
エリン:ショッピングをしたいです。
ソユル:ディズニーランドにも行きたいです。
チョア:まだ一度も行ったことがないんです。

DSC_1813

Qユニット「 STRAWBERRY Milk(イチゴミルク)」(チョアとウェイの双子ユニット)のお二人にお聞きします。今回、ビジュアルがまったく、同じなので、お二人の見分け方を教えてください。
チョア:私たちは“STRAWBERRY Milk(イチゴミルク)”というユニットで今回活動させていただくのですが、見分け方としては、やっぱり私たちにもっとたくさんの関心を持って、ずっと見ていただくことが一番だと思います。私たちにもっとたくさんの関心を持ってください。
ウェイ:二人が本当に同じように見えるというのもイチゴミルクの特徴ですので、やはりたくさんの関心を持って見ていただけるとうれしいです。

DSC_1878

Q最後に日本デビューに向けて、抱負と意気込みをお願いします。
ウェイ:これまでも日本のみなさんにたくさん愛していただいていますが、今回日本でデビューすることになり本当にドキドキしています。たくさんのみなさんに関心を持っていただきたいですし、たくさん愛していただきたいと思っています。

DSC_1881DSC_1886DSC_1876

囲み取材が終了すると、「ありがとうございました」「お疲れ様でした~」とメンバーそれぞれが取材陣に感謝と労いの言葉をかけ、次の公演の準備へと向かった。

DSC_2045DSC_2031DSC_1865DSC_1843

待望の日本デビューも決定し、来月にはミニアルバムもリリースするCRAYON POP。
日本での更なる活躍に期待が高まる。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

■公式Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/crayonpopvideo

■公式facebook
www.facebook.com/crayonpop

■公式twitter :
www.twitter.com/crayonpop

 

■商品情報
CRAYON POP 日本限定スペシャルミニアルバム「タイトル未定」
2014年11月19日発売
PCCA.04130 ¥2,500+税
CD+DVD 2枚組 初回生産分特典: イベント参加券封入

<収録曲目>
●CD
01. BBYONG SONG ※未発表曲
02. Saturday Night
03. BING BING
04. Dancing Queen
05. BAR BAR BAR
06. BAR BAR BAR(EDM ver.)
07. Uh-ee
08. Uh-ee(EDM ver.)

●DVD
01. Saturday Night
02. BING BING
03. Dancing Queen 2.0
04. BAR BAR BAR
05. Uh-ee
※各ミュージックビデオを収録!

 

2014.10.07

blank