「取材レポ@ソウル」 JYJ 単独無料「K-POPフェスティバル」登場、4万人が大熱狂!

IMG_7790
世界中から熱い人気を集めているJYJが10月5日午後、ソウル・江南(カンナム)区の主催による、永東(ヨンドン)大路7車線を通行止めにして行われた単独無料の「K-POPフェスティバル」に登場し、4万人が熱狂させた。
IMG_7791 IMG_7881
JYJは「仁川アジア大会」の広報大使、「韓国医療広報大使」、来年は「世界水フォーラム地球村水分かち合い広報大使」を務めるなど様々な分野に貢献、今回のコンサートは韓国内外の韓流ファンを誘致、韓流をグローバル化するため準備されたステージでJYJが出演料なしに才能寄付という形でステージに立った。
IMG_7974 IMG_8039 IMG_7990
今年で4回目となる「K-POPフェスティバル」は11年にRAINのステージを始めとし、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、EXO、SHINeeなど豪華韓流アーティストが公演してきた。
IMG_8169 IMG_8217
今回の公演は入場料が無料であることから、少しでも良い席を確保するために3日前から並んでいたファンもいたほどで、JYJのステージをどれほど楽しみにしていたのかが強く感じられた。
一曲目の「Creation」のイントロが流れるとあちこちからファンの悲鳴のような歓声が会場に響き渡った。
1度目のMCでは
ジュンス「こんばんは。JYJのジュンスです。お会いできてうれしいです。今日みたいな野外コンサートは2回目です。そうでしょ?僕も今日のコンサートをとても心待ちにしていました。皆さんと最後まで一緒に楽しく過ごせればと思っています。ありがとうございます」
IMG_8460
ジェジュン「こんばんは。キム・ジェジュンです。想像し期待していたよりとても広くて、多くの方が集まってくれて驚きました。いつから待っていました?今日は、秋らしく肌寒いのに野外でずっと待ち、こうして集まってくださってありがとうございます。最後まで楽しんでいってもらえればうれしいです。ありがとうございます」
IMG_8451
ユチョン「こんばんは。ユチョンです。お会いできてうれしいです。以前、この場所を通り過ぎながら、他の方が公演をするときその時は公演のせいで道も混んでいて・・と思ったけど実際自分がここでコンサートすることになるとは思わなかったです。今退勤して、家に帰る方もそのように考えるのではないかと心配です。また、今日は僕たちのファンだけじゃなく、通りがかった多くの皆さんに来ていただけているみたいですが、せっかくですので最後まで楽しんでいってもらえればうれしいです。昨日釜山から帰ってきたのですが、釜山はここまでは寒くなかったです。思ったより肌寒いので風邪に気を付けてください」と語り、数日間に渡って待っていたファンや溢れるほどに集まった観客に感謝を伝えた。
IMG_8413
途中、水が噴射される演出もあったのでメンバーが風邪を引かないようにと呼びかける場面があり、さらに数年前JYJが出演した懐かしい風邪薬のCMのセリフを再現してくれ、ファンが「もう一回見たい!!」と大合唱するほど嬉しい気遣いがあった。
IMG_8688 IMG_8704
最後のMCではジェジュンが「最後の1曲が残っています。ここにいらっしゃる方の中で、公演にあまり行かない方もいるかもしれないですが、アンコールと叫んでくれなかったらもう上がって来ません」と、アンコールを催促する場面があり、ユチョンが「歌手がアンコールをしてくれと頼むなんて初めて見たよ(笑)」とツッコミを入れる場面も。
ラストは「Back Seat」、アンコール曲は「Get out」で最初から最後まで最高潮の盛り上がりだった。
メンバーは衣装7着を着こなし、メインステージ、サブステージを行ったり来たりしながら19曲を披露する豪華な構成で、2時間があっという間の充実したコンサートだった。
IMG_8778 IMG_8785 IMG_8797
毎年10月始めに行われる「江南フェスティバル」は今年、10月2日から5日まで4日間にわたり、三成洞(サムソンドン)の永東大路(ヨンドンデロ)で開かれた。
ファッションフェスティバル、国際平和マラソン大会、K-POPフェスティバルが融合した江南区を代表するイベントである
IMG_8990 IMG_8880
取材:ソウル yoshie.F
2014.10.06

blank