SMエンタが公式立場を発表「ジェシカから脱退を提案…今後は8人体制で活動」

SMエンタが公式立場を発表「ジェシカから脱退を提案…今後は8人体制で活動」

韓国ガールズグループ「少女時代」ジェシカの脱退説について所属事務所SMエンタテインメント(以下、SM)が「ジェシカ(少女時代)がグループ活動を中断し、『少女時代』は今後8人体制で活動していく」と30日、明らかにした。

SMはこの日、公式立場を通じて「ことしの春にジェシカ本人の個人的な事情で、当社に今後1枚のアルバム活動を最後にグループ活動を中断すると伝えてきました。ジェシカの突然の話にも、会社と『少女時代』のメンバーは『少女時代』のために良い方向で活動できるよう継続的に努力して悩んできました」と明かした。

続けて「しかし、最近『少女時代』の活動の優先順位および利害関係が衝突する部分について、うまく調整ができない状況で、ジェシカがファッション関連事業を開始することになり、継続的な論議にも関わらず到底グループを維持することができない状況に至りました」と説明。

「この状況に、当社は8人体制の『少女時代』の活動を当初より早めることに決定するしかありませんでした。その発表時点などを論議する過程で、ジェシカ本人により、きょう明け方に文章が掲載されました。今後、当社は8人体制の『少女時代』およびジェシカの個人活動について変わらぬ支援とマネジメントを続けていく予定です」と明かした。

今回の出来事はジェシカがこの日明け方、自身の中国版Twitter「微博(weibo)」に「直近の公式スケジュールを楽しみにしながら準備していましたが、会社と8名(メンバーを指す)より、きょうから私は少女時代のメンバーではない、との報告を受けました。私は少女時代の活動を優先にし、積極的に専念してきましたが、正当ではない理由で報告を受け、非情に困惑しています」という文章を掲載して外部に知らされた。

続けて、この日「少女時代」がファンミーティングのため中国へ出国する現場にジェシカが姿を現さず、疑惑を増幅していた。

これまで7年間、トップクラスのガールズグループとして活動してきた「少女時代」メンバーについて、問題が起きたのは初めて。そのため非常に高い関心を集めている状態だ。

WOW!korea提供

2014.09.30

blank