「運・君・愛」で大ブレークのチェ・ウシク、シンガポール映画の主演に抜てき

201409120741772529_5412257_560

韓国俳優チェ・ウシクが、シンガポール映画「In the Room」の男性主人公にキャスティングされた。

映画「In the Room」は、オムニバス映画として制作される。あるホテルの一室を背景に1940年代から1990年代まで時代の流れによって変化する愛と官能をテーマにした作品。

「Mee Pok Man」や「12 Storeys」、「Be With Me」を演出したシンガポールの有名監督エリック・クーと「上海ブルース」や「晩秋」などを制作した中国のプロデューサーが意気投合し、話題を集めている「In the Room」、劇中、チェ・ウシクは90年代のストーリー「The First Time」で主演を務める。

映画「In the Room」は去る4日、シンガポールでクランクインした。

一方、チェ・ウシクは2011年MBC「チャクペ(相棒)」でデビュー。その後、SBS「格好よく生きよう」、「屋根部屋のプリンス」、KBSシットコム「ファミリー」、OCN「TEN1,2」、映画「シークレット・ ミッション(原題:隠密に偉大に)」などの作品を通して、安定した演技力をみせてきた。先ごろ終演したMBC「運命のように君を愛してる」では”キュートなドラゴン”の魅力を披露し、注目を集めた。

WOW!korea提供

2014.09.14

blank