イ・ビョンホンに不倫疑惑? 事務所側「女性と2人だけで会った事実はない」

20140905lbh
韓国俳優イ・ビョンホンに不倫疑惑が持ち上がった。脅迫事件は、別れ話による”偶発的な犯行だった”とする女性モデルの発言に対し、イ・ビョンホン側は「2人だけで会ったことはない」と全面否定している。

イ・ビョンホンの知人は11日、「イ・ビョンホンが、被疑者であるイ氏(女性モデル)とキム氏(ガールズグループ『GLAM』のメンバー、ダヒ)に知人の紹介で6月末頃、初めて会った。その後、イ・ビョンホンは”女性側は何か違う意図をもって接している”と感じたため、これ以上関わることはできないと判断し、連絡をとるのはやめようと伝えた」と説明。該当女性らの言葉から、物品を要求するようなニュアンスがあったようだ。

この知人は「2人だけで会ったこともないのに、どうして”決別”という言葉がでるのか、理解できない」と語った。

また「警察の調査結果では、動画が撮られたという時期は6月末か7月初めだとされている。無音カメラで動画を隠し撮りされ、ヨーロッパ行きのチケットを探していたという事実が調査で明らかにされた。さらに、旅行用かばんを準備し、その中に50億ウォン(約5億円)を入れてほしいと要求するなど、計画的犯行であったと推測される」と説明した。

イ・ビョンホン側は調査の結果を見守り、正確な結果が出次第、直接内容を明らかにするとし、「どうか確認されていない内容を拡大解釈しないでほしい」と訴えた。

これを前に、イ・ビョンホンを脅迫した容疑で女性2人が拘束される事件が発生。その後、イ・ビョンホンの所属事務所は「推測によるデマを流され、二次被害が発生している。これに対して強力に対応していく」との公式的立場を明かした。

一方、東亜日報は11日、拘束された女性の弁護人とのインタビュー内容として「拘束された女性は3か月前からイ・ビョンホンと会うようになり、数回デートを重ねた。しかし、イ・ビョンホンから別れ話をもちかけられたことに腹を立て、脅迫事件を起こした」と報道した。

WOW!korea提供

2014.09.11

blank