≪ドラマNOW≫「夜警日誌」 ユンホの涙に視聴者も号泣

≪ドラマNOW≫「夜警日誌」 ユンホの涙に視聴者も号泣

※ネタバレになる内容が含まれています。

ドラマ「夜警日誌」のユンホが、印象深い涙の演技で視聴者の心を掴んだ。これまで強い姿を見せていた彼だったため、その熱い涙はさらに胸の奥深くまで届いた。

去る8日に放送されたMBC月火ドラマ「夜警日誌」では、死んだ妹を恋しがるムソク(ユンホ)の姿が描かれた。

これを前に、監獄へ閉じ込められたスリョン(ソ・イェジ)の姿を見たムソクは、過去に病気を患い苦しんでいた妹を回想していた。当時、ムソクの妹インファ(キム・ソヨン)はひどい病に苦しんでいたが、何もしてあげることができなかったムソクは、ただ涙を流して一緒に苦しんだ。これに、スリョンはムソクの側を離れず、自ら手に入れてきた薬をインファへ与えるなど、献身的な看病でムソクの力となっていた。

以降、インファに対する思いに沈んでいたムソクは、霊となって現れたインファに出会う。明るく笑っているインファを見たムソクは、切ない眼差しでインファを見つめ、つらい心情を表した。

いつも冷たい表情で自身の胸の内を明かしたことのないムソク。彼の悲しい家族史は、見ている者を一層悲しませた。守りたくても守ることができなかった、ただ手放すことしかできなかった記憶は、まだ彼の脳裏から離れなかった。その傷はとても深く、さらに冷たい表情で自身の姿を消し去ったのかもしれない。

これまで見せてきたカリスマとアクション演技に、今回涙の演技までプラスされ、視聴者へ演技者としての成長を確実に見せつけたユンホ。不安感と悲しみ、そして彼が流した熱い涙はムスクの姿を完全に映していた。

感情の演技まで完ぺきに消化した彼の次の演技に注目が集まっている。

WOW!korea提供

2014.09.09

blank