「ソウル独立映画祭」 歴代最多の1004編が出品

AKR20131209179300005_01_i

「ソウル独立映画祭」は先ごろ公募を締め切った結果、歴代最多となる1004編の応募があったと7日、明らかにした。

ジャンル別では、劇映画が727編と最も多く、ドキュメンタリー(119編)、アニメーション(110編)、実験映画(45編)と続いた。

独立映画を専門的に上映する国内最大規模の映画祭「ソウル独立映画祭2014」は、来る11月27日から12月5日までソウル狎鴎亭(アックジョン)CGVと光化門(クァンファムン)インディースペースで開かれる。

総賞金は7000万ウォン(約700万円)で、大賞、最優秀作品賞、優秀作品賞、審査委員賞(2編)を受賞した作品に贈られる。

WOW!korea提供

2014.09.09

blank