無免許で飲酒運転の俳優ソン・スンウォン、保釈申請 「毎日反省…物議を醸し申し訳ない」

2019.02.12

無免許で飲酒運転し事故を起こした韓国俳優ソン・スンウォン(28)が、保釈申請をおこなったことがわかった。

去る11日午前、ソウル中央地裁の審理で俳優ソン・スンウォンの保釈審問がおこなわれた。

この日、ソン・スンウォンは青色の上着を着用し護送車で裁判所に到着。拘置所に収監されているソン・スンウォンは、多少やつれた表情で裁判所に入った。

これを前に昨年12月、ソン・スンウォンはソウル・江南区(カンナムグ)で免許取消し状態で交通事故を起こした。摘発当時、ソン・スンウォンの血中アルコール濃度は、免許取消し水準の0.206%だった。当時、ソン・スンウォンは追突事故を起こしたにも関わらず、処置をせずに約150メートルを走行し逃走したが、事故を目撃していた市民とタクシー運転手などに取り押さえられた。この事故で、衝突した車両の運転手と同乗者が軽傷を負った。

今回、保釈を申請したソン・スンウォンは「公人として社会的物議を醸したことを謝罪します。今回の事故で、責任感がどれほど重要であるかがわかりました。私が法をあまりに軽く考えていたことを骨に凍みるほど感じています」とし、「拘置所で過ごしながら多くのことを考え、毎日反省の日々を送っています」と明かした。

WOW!korea提供