「コラム」第29回 韓国は極端な少子化社会になった

2019.02.11

 

少子化の原因は?

2017年の合計特殊出生率(15歳から49歳までの女性が産む子どもの数)が韓国では1.05となった。
日本も少子化の傾向が強いが、それでも合計特殊出生率は1.43だった。
韓国はそれよりさらに低く、世界で最も少子化になっていると言われている。
なにしろ、人口を維持するためには合計特殊出生率が2.07は必要なのに、韓国はその半分だ。
原因は何だろうか。

まずは晩婚化。女性の初婚年齢の平均が30歳前後となり、子どもを産む年齢の幅が狭くなってきた。
次に、経済的な理由。若年層の失業率が高いうえに、住宅価格が上昇し、子どもを産んで育てる余裕がなくなっている人が多くなった。

さらには、世相の影響。2017年の韓国社会は朴槿恵(パク・クネ)政権の崩壊や北朝鮮の挑発があり、社会的な不安感が出産を躊躇させた、という。
しかし、もっと根本的な問題がありそうだ。
それは、女性の社会進出が活発になっている一方で、子どもを出産して育てる環境の整備が追いついていないということだ。
さらに言えば、男尊女卑の傾向が強かった儒教的な価値観が未だに現在の韓国を縛っているとも言える。
(ページ2に続く)

日本と違う韓国のビックリ28

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕