「コラム」韓国料理の真髄は「肉」よりも「野菜」だ!

2019.02.08

韓国料理というと、どうしても焼肉のイメージが強いけれど、本質は、自然の風味豊かな食材を多彩な調理方法で仕上げていくところだ。特に、韓国料理の中心はむしろ野菜なのである。

 

世界で一番野菜を食べる国

韓国で食堂に入ると、何を注文しても無料のお通しが次から次へと出てくる。
たとえば、数種類のキムチ、ナムル(韓国風の野菜のあえもの)、サラダ、小魚、塩辛などがすぐに用意される。
それに箸を付けていると、やがてメインディッシュが出てきて食卓は華やかな祝宴のようになる。
とにかく、テーブルに並びきれないほどの料理が出てくるのがコリアンスタイル。「生きることは食べることだ」と思えるほどに韓国の人は食にどん欲だ。

その韓国料理だが、どの家庭を訪ねても食卓に豊富に並ぶのは野菜料理である。
特に、豆モヤシ、カボチャ、ニンジン、大根、青菜といった栄養価の高い野菜をたくさん用意する。

韓国の農村経済研究院のデータによると、世界中で最も野菜を多く食べているのは韓国だという。
2位の中国、3位のイタリアを引き離している。ちなみに、韓国は日本より1人平均で約1・7倍も多くの野菜を食べているそうだ。
(ページ2に続く)

ワカメスープこそ韓国のソウルフードだ!

寒い時期こそホッカホカのカムジャタンを簡単調理で作ってみる!

キムチを入れるとチーズタッカルビが本当においしい!

秘伝!自家製「焼肉のタレ」の作り方

おいしい海鮮チヂミの作り方