「コーヒーフレンズ」でユ・ヨンソクが愛される理由とは

2019.01.12

「コーヒーフレンズ」でユ・ヨンソクが几帳面でスウィートな姿で視聴者たちの愛を受けている。

tvNのバラエティ番組「コーヒーフレンズ」は、昨年ユ・ヨンソクとソン・ホジュンが自ら企画し参加した同名のパネーションプロジェクトが、済州島のみかん農園にブランチカフェをオープンして運営している実際のバラエティとして制作された特別な事例である。

「コーヒーフレンズ」でユ・ヨンソクは大衆にヒーリングとポジティブなエネルギーを与えることはもちろん、彼の「真正性」も光を放っている。ユ・ヨンソクの「満点活躍の歴史」を探ってみた。

■几帳面で真面目な「ブランチク・ドンメ」の誠実さ
ユ・ヨンソクの几帳面な姿勢は、見る人々を感嘆させた。彼はカフェオープン前のインテリア会議や料理の練習でも、筆記を逃さず、練習に練習を重ねる「学究派シェフ」の面を見せた。カフェ運営が客の寄付からなりたっているだけに、顧客の満足のために悩み、絶えず努力しおいしいメニューを提供し、自発的で楽しく寄付することを促した。

■客をよく見てしっかりと聞く「ユシェフ」

客が大勢押し寄せ、緊張感をゆるめることができない状況でも、ユ・ヨンソクは速い判断力で、落ち着いて対処した。特に彼は忙しい中でも客のフィードバックに耳を傾け、終始明るく笑って応対した。メニューに使用される材料についても詳しく説明し、客に自ら近付いて、視聴者たちの笑顔を誘った。

■チームワークを率いるスイートボス「ユ社長」
ユ・ヨンソクは一緒にカフェを運営するソン・ホジュン、チェ・ジウ、ヤン・セジョン、チョ・ジェユンを温かく接する甘くスウィートな姿を見せた。彼は忙しい状況でも仲間を励まし、チームを率いて、見る人にも「ヒーリングエネルギー」をプレゼントした。

何よりも「コーヒーフレンズ」ユ・ヨンソクが愛される理由は、「真正性」にある。実際、自ら企画し運営していたパネーションプロジェクトを一回のイベントではなく、安定した継続的な歩みにしており、真剣な態度でブランチカフェ「コーヒーフレンズ」を運営する彼の心が大衆に伝わっているのだ。そのため「ヒーリング青年」ユ・ヨンソクの姿にさらに関心が集まっている。

「コーヒーフレンズ」は毎週金曜日の午後9時10分より放送されている。