Block B テイル、初の単独コンサートで涙「この瞬間が信じられない…感謝している」

2018.12.26

写真=Seven Seasons

 

Block Bのテイルが今月22日と23日、ソウル芳夷洞(バンイドン)のオリンピック公園にあるKアートホールで初の単独コンサート「TALE 20」を盛況裏に終えた。

「TALE 20」は、物語という意味の「TALE」と20代を意味する数字「20」の意味をプラスした。20代の終わりに立ったテイルの物語はもちろん、歌唱力と強烈な感性でファンと疎通した。

Block Bのアルバムに収録されたテイルのソロ曲「それは愛だった」で公演のスタートを知らせたテイルはパク・ジニョンの「あなたの後ろで」、カンタの「Polaris」、イ・ジフンの「人形」、イ・スンチョルの「西の空」、ナ・ユングォンの「私だったら」、BENの「恋愛中」、パク・ヒョシンの「1991年」、ブルーノ・マーズの「Versace On The Floor」などを熱唱した。

(2ページに続く)

・Block B、米タイムズスクエア電光掲示板をりる…海外ファンクラブのプレゼント

・「Block B」ジェヒョ、きょう(20日)非公開で入隊

・ジコ、Block B脱退後にもメンバーたちと変わらぬ親交…ファンの心も“温か”

・【公式】「Block B」ジェヒョ、20日に入隊へ=健康上の理由で代替服務