「取材レポ」チャン・グンソク、ZIKZIN fes.開催!サマー・フェスティバルの開幕スペシャルショー!大阪

8月3日と4日にサマー・フェスティバル

(「チッチン」=韓国語で「直進」)を大阪インテックスで開催したチャン・グンソク。
ZIKZIN fes.の会場ではエキスポスペースが設けられ、映像・写真展示、グッズ販売、フードエリア、そして、チャン・グンソクにちなんだ参加型パビリオンなど、一日中楽しめる“ZIKZINワールド”を展開した。

 

3日、サマー・フェスティバルの幕開けとも言える、チャン・グンソクスペシャルショー
。ドラムの軽快なリズムにギターの音が重なり、会場中のライトと歓声を一身に浴びながら 「次世代 Indian&ヘビメタ&エスニック&キュート」とでも表現したくなるような、グンソクらしいハイセンスな衣装で登場。「行くぞ~!!」と、気合の入った掛け声で、チャン・グンソクの熱いステージの幕が開くと、早くも会場の熱気はヒートアップ! 

 

「Nature boy」「Poison」と軽快なリズムに乗り披露すると、会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。

「ハーイ!うなぎたち~、チャン・グンソクです ! 2013年夏のフェスティバル、そして今日の『ZIKZINフェスティバル』までになりました。みんな遊んでるゥ?」と、彼特有の挨拶をした。

 

「何時に起きたの?朝5時!?信じられないよ!ホントゥ? オレ朝4時だ…オレ、3時前に寝ちゃった 。そして今日9時くらいに起きて、このフェスティバルのためにそう…緊張していたんですねっ!」と、親近感のあるトークで急速にファンの心に接近。

 

「夏のフェスティバルなので野外でするほうがいいんじゃないのかと言ってたけど、お金がなかったんですよね(笑)、そして雨の心配もあるし…今日は天気がいいけどね(笑)」と今回のフェスティバルの企画当時の話題にも触れた。

「みんながエキスポで遊んでくれてたけど、みんな一番長~く並んでいたライン、一番人気があったところは…トイレだったんです~(笑)」と、オレはしっかり見てたぜと言わんばかりの、ちょっとドSな発言も茶目っ気たっぷりに話すグンソクに、ドッと笑いの渦が広がった。

 

「今日はセカンドアルバムに入っている曲を初めて歌う瞬間ですよね。皆さん、ぜひ応援してください。みんな、最後まで遊んで!行くぜ、大阪!」とさらに場内を盛り上げると「Eden」「Love Is Black Hole」「Always Close To You」と続けて3曲を熱唱。
「関西の君たちを感じたいな~、みんな声出して~!もっといっぱい声出して~!」とチャン・グンソクが叫ぶと、会場のファンも最高に大きな声で「イェ~!」と応えた。

 

「ありがとうございます」と一言、感謝の思いを伝え「おーさか、さか~♪すごく嬉しいんですけど!」と目を輝かせて笑顔を見せた。「7月は、ほとんど新しい曲を練習していました。練習がない時も忙しかったので、夏の休暇はありませんでした」と話すと、ファンから「ウソ!」とツッこまれ、「ウソじゃねえよ!」と親分の“オレ様トーク”も飛び出し、会場はチャン・グンソクワールド全開に。

 

「Bye Bye Bye」では会場の手拍子を誘い、「Stay」「My Precious」 と、続けて熱唱。「My Precious」の最後は♪明日は…MY BIRTHDAYと歌詞を替えて歌うと、会場から「おめでとう!」とお祝いの声が響いた。
「おととい、韓国から日本に来る時に、空港で韓国のうなぎたちがケーキとキャンドルでバースデーパーティをしてくれて…」と、大きな感動を受けたサプライズパーティについて明かし、ここで韓国から来たうなぎを紹介。日韓両国のうなぎたちへの配慮も忘れないかった。

 

また、「後ろのうなぎたち、見えてる~っ?」とチャン・グンソクが後方のうなぎを気遣って声を掛けると、すかさず「見えな~い!」と大きな声で答えるファン。「実はリハーサルの時に後ろの席にも行ってみたんだけど…後ろが問題なんだ!」と溢れる思いやりを見せた。「後のうなぎたち、声を出して!」とチャン・グンソクが要求すると、また「見えな〜い!」と答えるうなぎたち。

 

ここで「そこまで歩いて行くから~っ!」と言い、ステージを降りて、たくさんのファンが差し出す手にハイタッチをしながら、センターステージに移動するグンソク。突然のサプライズな行動で場内は悲鳴のような歓声が沸き、大興奮となった。

 

チャン・グンソクが通訳もしながら、演奏者3人を紹介。「好みのタイプは?」と、客席を見渡し「どこ?ア~あっち?水着の子、いいね」と笑いを誘いながら1人ずつ丁寧に紹介し、会場は和やかな雰囲気に。

そして、ピアノとアコースティックギターの音色が響き渡り、「Rain」を歌い始めた。が、最初の盛り上がり部分に差し掛かって高音が出ずに中断。会場には笑い混じりのどよめきが沸き起こった。

 

「ハハハ!」と、チャン・グンソクが高笑いし、照れ笑いとともに「難しいんだよ」と韓国語でポロリ。チャン・グンソクらしくコミカルな演出に切り替え「今のことはみんな忘れてください。後ろの皆さん!今度はあなたたちのために歌います~」と胸キュンなコメントに続いて歌いなおし、全てのうなぎたちを酔わせた。

 

「もう1回!もう1回!」歌い終わると同時に、沸き立つ客席からのコールに「何がもう1回なの? 何がほしいの? 今日はフェスティバルなので、もう1回やってみようか~、やめよっか~、みんなほしい~?」と、再びまわり始めたステージの上で、「明日も明後日も~」とサビの部分を何度も投げキッスを送りながら歌った。

 

メインステージに戻り「スランプに陥ったころに聞いて、オレは元気をもらった。このスペシャルな曲をみんなにあげたい」と、チャン・グンソク自身も好きなナンバー「Turn off」。そして「自分がさみしい時や生きるのがつらい時にこの曲を聴いてください。その時はオレがうなぎたちを守ってやるから」と、「Save Me」を切なく、熱い思いと感謝の気持ちを込めるように、続けて歌い上げた。

最後は「今よりももっともっと頑張るので、一緒に歌ってください!」と「Like A Movie」を熱唱し、ステージを去った。
最終曲への拍手がそのままアンコールを促す手拍子となり、待ちわびるうなぎたちの前にチャン・グンソクが再び登場。
「ありのままのチャン・グンソクを見せたかったです」と日本デビュー曲「Let Me Cry」をパワフルに歌った。

 

「本当にこの曲が最後だから、みんなジャンプして踊って!」と叫び、カラフルなライトに包まれて「Indian Summer」をハイタッチしながら歌って踊った。会場後ろのフロアーでファンも一緒に踊り、チャン・グンソクもステージを降りてパワー全開で歌いきった。

昼はソロライブ、夜にはTEAM Hとしてライブ・パフォーマンスを実施し、2日間4公演でおよそ24,000人を動員。ライブ生中継は、全国57の映画館でも11000人の動員を記録し、チャン・グンソク人気を見せ付けた。

 

日本と韓国、両国のうなぎが一つになって燃えたチャン・グンソクの2013年の夏、「ウナギの辛いときは俺がいるから!」と言い切る彼はまだまだ“直進”中。

この後8/24・8/25にZIKZIN fes.は幕張でも開催される。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

2013.08.07

blank