週末映画予約 チェ・ミンシク主演「鳴梁」が圧倒

週末映画予約 チェ・ミンシク主演「鳴梁」が圧倒

韓国の週末の映画チケット予約で、俳優チェ・ミンシク主演の韓国映画「鳴梁」(原題)がトップに立った。
映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、1日に「鳴梁」のチケット予約は全体の64.6%を占めた。

7月30日に封切られた同作は、公開初日の観客動員数が68万3200人と、先週の「群盗:民乱の時代」(原題、以下「群盗」、55万1290人)の過去最高を塗り替えた。「鳴梁」は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で朝鮮水軍を率いた李舜臣(イ・スンシン)将軍が勝利を収めた鳴梁海戦を描いている。
予約2位は米アニメーション「ヒックとドラゴン2」で12.1%、3位は米マーベルの新作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で8.6%。先週の映画興行でトップだったカン・ドンウォンとハ・ジョンウ主演の韓国映画「群盗」は7.8%で、4位に後退した。

2014.08.02

blank