“性暴行疑惑”キム・ギドク監督、被害を主張する女性と報道番組を逆告訴

写真=NEW

 

性暴行疑惑を受けている映画監督キム・ギドクが、被害を主張した女優とこれを暴露したMBC「PD手帳」の制作陣を告訴した。

キム・ギドク監督は3日、自身を強制わいせつ致傷などの容疑で昨年告訴した女優Aさんに対し、無実の容疑で告訴状を提出した。またキム・ギドク監督から性暴行被害を受けたと主張する女性たちのインタビューを送った「PD手帳」の制作陣及び、番組に出演した他の女優を出版物による名誉毀損の疑いで告訴した。

女優Aさんは2013年に公開された映画「メビウス」の撮影中、キム・ギドク監督が頬を2回ビンタして暴行し、男性俳優の特定の身体部位を触るように強要したとし、昨年キム・ギドク監督を暴行・強制わいせつ致傷などの容疑で告訴した。検察は暴行の容疑については罰金500万ウォン(約50万円)で略式起訴し、強制わいせつ致傷、名誉毀損などの容疑と、侮辱の容疑についてはそれぞれ証拠不十分と公訴権なしで不起訴処分を下した。

(2ページに続く)

・“キム・ギドク キッズ”チョン・ジェホン監督、男性の裸体隠し撮りで起訴されていた…容疑否認

・【公式】韓国警察、キム・ギドク監督&俳優チョ・ジェヒョンの性的暴行疑惑を内部調査中「被害者に接触」

・“巨匠”キム・ギドク監督、女優に続き女性スタッフにも性的暴行か…妊娠・中絶との証言も

・チャン・グンソク&藤井美菜の主演映画公開が不透明に…キム・ギドク監督への“Me Too”告発受け

2018.06.04

blank