ドラマ「大丈夫、愛だ」制作発表会 チョ・インソンら主演

ドラマ「大丈夫、愛だ」制作発表会 チョ・インソンら主演

SBSの新ドラマ「大丈夫、愛だ」(原題)の制作発表会が15日、ソウル市内で行われ、主演のチョ・インソン、コン・ヒョジンらが出席した。

同ドラマはハンサムな人気推理小説家、チャン・ジェヨルと、シックだが洞察力に優れた精神科医、チ・ヘスが恋に落ち、繰り広げる物語を描く。

ジェヨルを演じるチョ・インソンは「今回の作品はさらにチョ・インソンという人間の個人的な姿を見せることができそうなので期待している」と語った。

ジェヨルはゴールデンタイムのラジオ番組のDJとして活躍するなど誰がみても素敵でロマンチックな男性として人気を集めるが、ベッドで寝ることができず、いくつかの色に執着する強迫症がある。社会生活に大きな支障はないが世の中の視線でみると、「平凡」とはとても言い難い。ある日、偶然出演したトークショーでヘスと会い、言い争いになるが、次第にヘスの魅力にひかれていく。

チョ・インソンは同ドラマへの出演を決めた理由について「私の明るい姿を見せることができ幸運だと思った」と説明した。

また、全体的に大げさにならず気軽な演技ができる作品になるのではないかと予想しつつ、「一緒に共感し、疎通しながら家族愛や友情を感じることができるドラマだ。期待してほしい」と自信をのぞかせた。

一方、コン・ヒョジンが演じるヘスは怒りっぽく同僚からは避けられるが、生まれ持った洞察力で医者として成功するとの評価も受ける。

コン・ヒョジンはヘスについて「愛想が悪く、はっきりと物を言うが患者にはあたたかく接する。落ち着いた医者ではなく熱血派だ」と紹介した。

ドラマについては、ヘスとジェヨルが頻繁にけんかするがそれだけ二人の愛が深いことを意味するとした上で、「けんかしながら互いを包み込み、傷を癒していく。ロマンチックコメディーというよりもリアルな恋愛物語になりそうだ」と語った。

「大丈夫、愛だ」は23日から放送される予定だ。

WOW!korea提供

2014.07.16

blank