歌手ペク・アヨン、初の台北公演を成功裏に終了 「感動の涙…」

歌手ペク・アヨン、初の台北公演を成功裏に終了 「感動の涙…」

韓国女性歌手ペク・アヨン(25)が、初の台北単独公演を成功裏に終えた。

ペク・アヨンは去る22日、台湾・台北のライブホールLegacy Taipeiでソロライブ公演「Baek A Yeon 1st Live Whispering In Taipei」を開催した。

この日の公演でペク・アヨンは、ヒット曲「こうこうことなら、そうしないで(Feat. Young K)」や「so-so」、「Bittersweet」と共に、特別に準備した中国語の楽曲「小小」、「失落沙洲」などを披露。会場を埋め尽くした現地ファンの歓声を浴びた。

特に、「小小」をラストの曲として熱唱したペク・アヨンは、台北ファンの熱い声援と愛に感激し、涙を流した。

ペク・アヨンは「ナイトマーケットに行くという話を聞いただけで、わくわくしていたが、実際に行ってみて、とても楽しかった」とし、「マンゴーのかき氷を食べながら暑さを忘れ、完ぺきな夜を過ごした」と現地で限られた自由時間を満喫したことを明かした。

WOW!korea提供

  • ペク・アヨン、韓国代表で「Disney in Concert」出演=総括プロデューサーも称賛!
  • ”SM x JYP”の融合、ウェンディ(Red Velvet)−ペク・アヨンがデュエット曲発表へ
  • ペク・アヨン、3rdミニアルバム「Bittersweet」スポイラーをライブで公開
  • 歌手ペク・アヨン、自身初のラジオ進行役について「緊張しすぎて清心丸(漢方)を飲んだ」
  • 2018.04.24

    blank