芸人「CulTwo」チョン・チャヌ、双極性障害の悪化とパニック障害で活動中断

 

KBS「アンニョンハセヨ」側も「きょう(15日)、チョン・チャヌが最後の収録をおこなった。回復して戻ってくるまで、イ・ヨンジャ、キム・テギュン、シン・ドンヨプの3MC体制で進行する」と明かした。

この日、「CulTwo Show」の放送でチョン・チャヌは「皆さんに楽しい部分をお聞かせすることができず、いったん休まなければならないようだ」と伝えた。所属事務所はこれに「チョン・チャヌが健康上の問題ですべての番組活動を暫定的に中断することとなった」と発表した。チョン・チャヌは糖尿と耳鳴りの症状に長く苦しんできたという。最近は、双極性障害の症状が激しくなり、パニック障害との診断まで受けて、休息を選択したと伝えられた。

 

WOW!korea提供

2018.04.16

blank