<トレンドブログ>連載 藤本紗織-日韓の架け橋-「韓国オリジナル伝統品土産店紹介☆韓国観光名品店(仁寺洞)#14」

みなさん、あんにょんはせよ^^

藤本紗織です。

韓国に行った際には、お土産を買うのも一つの楽しみですよね。

流行りの化粧品や、美容アイテム、お菓子など切りがありません。

そこで今日は初めて韓国に行く方!!

韓国通ならでは手に入れたい!!

そんな全ての方におすすめしたいお土産が揃っている

韓国のオリジナル伝統品のお店を紹介します。

韓国の伝統的な雰囲気を味わえる仁寺洞(インサドン)にある

韓国政府文化体育観光部の傘下で運営されている「韓国観光名品店」です。

「小さな花の刺繍ポーチ」(15,000ウォン)

店内に入ると色鮮やかな暖簾や、趣ある陶磁器の落ち着いた雰囲気が漂い、

スタッフの方たちが笑顔で迎えてくれます。

これは鮮やかな色味の生地に小さな花が刺繍されたポーチです。

花模様の刺繍がとても可愛いです!!

価格も手頃なことからプレゼント用としても人気のある商品だそうです。

こちらは螺鈿漆器のコーナーです。

螺鈿漆器(らでんしっき)は韓国を代表する伝統工芸品で、

木で作られた製品の表面上にアワビやサザエの殻(青貝)を細工して

文様を作って付けたことを意味します。螺鈿漆器は10世紀の初めから発達し、

長い間、王室で製作され命脈を維持してきました。

韓国を代表するギフトとして外国人に人気のある商品だそうです。

ここ韓国観光名品店には日本語が堪能のスタッフさんもいらっしゃり、

単純な商品説明だけでなく名前の由来、

言い伝えなど分かりやすく説明して下さり、とても勉強になりました。

これはイニグッズ、「螺鈿ネイルケアセット」(30,000ウォン)です。

イニグッズとはムンジェイン大統領の愛称である「イニ」からついたもので、

大統領の記念品を意味します。

韓国観光名品店で販売している螺鈿ネイルケアセットは

ムンジェイン大統領が米国訪問をした際に、

海外同胞の方々のために準備したプレゼントだそうです。

ネイルケアですが実用的な爪切りケアセットで、

私はこれを父親にプレゼントしましたが、とても喜んでくれました。

これは「李朝波双合」(75,000ウォン)

李朝波双合は、直方体の箱型に螺鈿で作った波模様がデザインされたものです。

螺鈿の輝きが本当に綺麗な宝石箱です。アクセサリーなどをいれるのにぴったりです。

「螺鈿の名刺ケース&手鏡セット」(25,000ウォン)

名刺ケースや手鏡は普段使いにも好まれ、観光客の方達からも人気だそうです。

デザインが様々で私はこの写真で手にしている、ハングルをポップな色合いでデザインしているものが、

とても気に入りました。皆さんもぜひ、自分の好きなデザインを探してみてください^^

こちらは陶磁器コーナーです。

韓国観光名品店の陶磁器は高麗磁器と朝鮮磁器をモチーフにして作られています。

多様な技法により梅花、牡丹、松鶴などの文様が入ったものが多く、

梅花は品格と固い志、牡丹は富貴栄華を、松鶴は長生不死を意味します。

韓国では、"良い意味の象徴物を刻んだ物を室内に置くと福を呼び寄せる”という風水文化があり、

陶磁器製品を風水インテリア小物として活用したりもするそうです。

「ミニチュア韓服ポプリ」(セットンチョゴリ18000ウォン/回裝チョゴリ24000ウォン)

韓国の伝統的な衣装である韓服、チマチョゴリは皆さんもよくご存知だと思います。

お土産にするのは少し悩ましかったり…

そこでお勧めななのが、ミニチュアになったチマチョゴリ‼

実はポプリで芳香の役割をしてくれます。お部屋に飾っても可愛いです^^

店内には本当に多くの商品があります。

その年ごとに大韓民国観光記念品公募展入賞作品も商品として販売されます。

韓国に来るたびに、一つずつ記念品を揃えていくのもいいですし、

お土産、また大切な方への特別なプレゼントにも最適です。

韓国観光名品店の公式ホームページには詳しく商品が

紹介されているのでぜひチェックしてみて下さい‼

そして韓国を訪問した際には、ぜひ足を運んでみて下さいね^^

韓国観光名品店(仁寺洞)/한국관광명품점(인사동)

■公式HP

http://www.souvenir.or.kr/ (日本語ページあり)

■住所

ソウル特別市 鍾路区 仁寺洞5-14/서울특별시 종로구 인사동5길14

■TEL

+82-2-756-3361

■営業時間(年中無休)

日曜日・月曜日10:00~20:00

火曜日~土曜日10:00~21:30

藤本 紗織(FUJIMOTO SAORI)

Instagram:@saor452

 

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2018.04.10

blank