「Wanna One」、所属事務所へ少なくとも精算金6000〜7000万円=総支給額は約7億円

「Wanna One」、所属事務所へ少なくとも精算金6000〜7000万円=総支給額は約7億円

韓国アイドルグループ「Wanna One」がYMC、CJ E&Mを除き、昨年精算された総支給額は約70億ウォン(約7億円)であることが把握された。

27日、韓国メディアの取材結果、昨年活動した精算金を配分した結果、最も少ない所属事務所の精算金が6〜7億ウォン(約6000〜7000万円)水準であることがわかった。これにより昨年の活動精算金として11人のメンバーに入った総収益は、少なくとも70億ウォン(約7億円)規模である。

これを各メンバーが所属事務所と契約した比率により配分される。各所属事務所ごとに契約時の配分率が異なるため、所属事務所別に精算された金額がメンバーにどの程度分配されたのかは、正確にわからない。結果的にメンバーそれぞれが受け取った支給額は、多少の差が存在するのはやむを得ない。

(2ページに続く)

  • 「Wanna One」、音楽放送の非公開スケジュール皮切りにカムバック活動に突入… ”放送事故”の汚名返上なるか
  • 「Wanna One」オン・ソンウ、キム・ジェファンの“寝ながらできること”を暴露
  • 「防弾少年団」、3月歌手ブランド評判1位…2位「Wanna One」、3位「iKON」
  • 「Wanna One」、アイドルチャートで1位…「防弾少年団」はファン投票で1位に
  • 2018.03.27

    blank