防弾少年団からコールドプレイまで、「ゴールデンチケットアワード」大賞候補公開

写真提供=インターパーク

 

「第13回ゴールデンチケットアワード」の大賞の候補者と候補作が公開された。

「ゴールデンチケットアワード」は、公演プレイガイドのインターパークチケットが開催する公演界の授賞式だ。4月10日開催を前に、22日に候補者と候補作を公開した。

大賞は、ジャンルを問わず観客に最も多く愛された公演に与えられる。ミュージカル部門では、「光化門恋歌」「レベッカ」「マタ・ハリ」「ベンハー」「ビリー・エリオット」など12作品が候補に上がった。演劇では、「スペシャルライアー」「アンリおじいさんと私」「プライド」が候補に選ばれた。グループ防弾少年団、歌手PSYとイ・ムンセは昨年開催した単独コンサートで大賞候補となった。海外歌手としては、バンドのコールドプレイの来韓公演がノミネートされた。

その他、ミュージカル男女、演劇男女、韓国のコンサートミュージシャン、来韓コンサートミュージシャン、クラシック・舞踊・伝統芸術のアーティスト部門に分けられる。ミュージカル俳優賞候補には、リュ・ジョンハン、ミン・ヨンギ、ミン・オヒョク、パク・ウンテ、ソン・チャンイ、アン・ジェウク、チョン・ソンファ、ホン・グァンホら16人となった。ミュージカル女優賞部門には、キム・ソニョン、ルナ、リナ、シン・ヨンスク、アイビー、オク・チュヒョン、チョン・ソナ、チョ・ジョンウン、チャ・ジヨンなどだ。

(2ページに続く)

  • 【公式】防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメント、2017年売上高が924億ウォン…前年から162%の成長
  • 「防弾少年団」の「MIC Drop」リミックスMV、再生回数2億回突破!
  • 防弾少年団、キャラクター「BT21」は日本でも熱い人気…原宿店だけで1万5000人訪問
  • 防弾少年団、バリスタにチャレンジ
  • 2018.03.22

    blank