「JYJ」ジュンス、先輩イ・スンチョルへ「誤解しないで…」

「JYJ」ジュンス、先輩イ・スンチョルへ「誤解しないで…」

「JYJ」ジュンス側は、SBSドラマ「君たちは包囲された」のオリジナル・サウンドトラック(OST)「愛してるいるみたい」と関連し、「イ・スンチョルとの直接的な議論ではない」と明らかにした。

所属事務所C-JeSエンターテインメントは17日、「ジュンス(JYJ)は今回のリメイクと関連し、公式Facebookを通して、先輩(イ・スンチョル)と音楽の縁が繋がり光栄であることを明かしていて、マネジメントを担当する当社、またはイ・スンチョル側へ曲の権利について意義申し立てをしたことはない」と強調した。

その一方で「問題の発端は、曲情報が出ていない状況で、ドラマで突然公開された今回の曲が、歌詞とメロディが同じであり、これに疑問を感じたファンが、翌日OST制作会社側で発表した資料に”新曲”と説明されていた点について訂正要請を行った。歌手との直接的な議論、論争ではなく、先輩(イ・スンチョル)が誤解しないことを願っている」と説明。

また「一部ネット上で匿名での運営者が、ジュンスファンの集団行動だと考えている点については、非情に残念なことだ。ファンは歌手を応援する側として、原曲歌手と関連した部分が最初の報道資料から抜けた点を確認しただけのこと。歌手側(イ・スンチョル側)へ直接的に意義申し立てをしたのではない」と明かした。

これを前に、イ・スンチョルのオフィシャルTwitterなどは「愛しているみたい」を紹介した際、ジュンスの曲をリメイクしたとの説明を省いており、これに関して一部のジュンスファンが抗議していた。

 

WOW!korea提供

2014.06.17

blank