カン・ジファン、映画『7級公務員』撮影現場で日本ファンとファンミ


カン・ジファンが15日撮影が行われている南揚州総合撮影所で、約450人の日本人ファンと特別な対面をした。

カンジファン
キム・ハヌル、カン・ジファンキャスティングで、話題を集める一方、10月14日京畿道水原・華城でクランクインし、すでに熱い期待を集めている映画『7級公務員』。

約450人に達するカン・ジファンの日本人ファンが、ファン ミーティングを兼ねて、彼のスクリーン次期作『7級公務員』を応援するために、スタジオ撮影中の京畿道南揚州・総合撮影所を訪れて話題を集めている。
この日カン・ジファンと会いたくて韓国まで訪れてきた彼女たちは、映画の成功を祈るプラカードと多様なプレゼント、スタッフへの昼食を準備するなど情熱的な姿と温かい配慮で、徹夜撮影で疲れていた出演陣やスタッフに活力を吹き込んだ。

自身を応援するために韓国の撮影現場まで来てくれたファンの情熱に感動したカン・ジファンは、撮影の合間に時間をさいて、ファンと対面し、感謝の挨拶を行った。彼は「まもなく完成する映画で、早くお目にかかりたい」と伝えた。

シン・テラ監督は「今回の映画で、カン・ジファンの新しい姿をお見せできるだろう」と語り、ファンの期待感を高めさせた。カン・ジファンのために韓国を訪れた約450人のファンの熱い呼応と共に、日本メディアの取材熱気まで増したこの日は、日本で韓流スターに急浮上しているカン・ジファンの人気を実感させた。
カン・ジファン、シン・テラ監督との短い対面に続き、『7級公務員』撮影セット見学後開始されたファンミーティングの場で、カン・ジファンは「家族と親戚が撮影現場を訪ねてきたようで、とても嬉しくて力が出る」と挨拶し、客席まで降りて行きファンと向かい合い、一層熱気を加えた。

近況と前出演作に対するファンとのQ&A、『7級公務員』の現場スチール公開に続きカン・ジファンが伝える撮影エピソードなどで、和やかなムードが続いたファンミーティング現場は、誕生日を迎えたファンにカン・ジファンが準備したケーキと共にバースディソングを歌ってあげる特別イベントで、雰囲気が絶頂に達した。

その後自身のために日本から韓国まで訪れた約450人のファン全員と一人ひとりと握手を交わして記念写真を撮影したカン・ジファンは「もっと一緒にいたいができないことを申しわけない」と伝え、また次回会うことを約束して最後の挨拶を伝えた。

 

2008.11.17

blank