ソ・テジ、12年間続いた著作権紛争に決着

ソ・テジ、12年間続いた著作権紛争に決着

韓国歌手ソ・テジと韓国音楽著作権協会(以下、韓音著協)は、12年間続いた著作権関連の法廷攻防を終えたことがわかった。

28日、韓音著協によるとことし4月28日、ソウル中央地裁は協会がソ・テジを相手取り提起した「不当利益金返還」訴訟と関連して「協会が請求した金額1億2000万ウォン(約1200万円)のうちソ・テジは協会に2500万ウォン(約250万円)ほどを返還し、協会は残りの請求についてはすべて放棄する」という内容の和解勧告決定を下したという。

韓音著協とソ・テジカンパニーはこの日「裁判所の和解勧告案を受け入れ、双方が長く続いていた紛争を円満に終えた」と明らかにした。

双方の著作権関連の紛争は2002年、ソ・テジが韓音著協が自身の楽曲「COME BACK HOME」をパロディーにした音盤を承認したことに反発し、韓音著協を脱退したことで始まった。昨年5月、最高裁はソ・テジが韓音著協を相手に起こした著作権使用料請求訴訟で原告一部勝訴で確定判決を下した。

しかしその後、韓音著協がソ・テジに判決金を支給する過程で管理手数料および源泉税額を控除して支給しようとすると、ソ・テジ側はこのような控除は不当だとして強制執行を通じて全額を回収していき、韓音著協は再び不当利益金返還訴訟を提起した。

一方、韓音著協は、文化体育観光部が音楽著作権信託管理の複数化政策を推進し、「一緒にする音楽著作人協会」団体設立を許可すると、競合他社に対する比較優位効果のための案として、音楽界で象徴性があるソ・テジが協会に再加入してもらうことを勧誘していることがわかった。

韓音著協の関係者は「ソ・テジが協会に再入会できるよう緊密な協力関係を結ぼうと努力中だ」とし「ユン・ミョンソン協会長もソ・テジがこれまで協会から受けた傷に心から謝罪をするなど、変化のために努力している」と明かした。

ソ・テジカンパニーの関係者は「この訴訟は音楽人の権益伸張はもちろん、国内の音楽著作権全般に肯定的な影響を与えたという点で胸がいっぱいだ」とし「どの団体に加入するのかは苦慮しており、加入時期は9thアルバム活動直前になるだろう」と述べた。

2014.05.29

blank