超新星ユナク単独主演作『無花果の森』予告解禁及びコメント到着!

sub2_large

(C)2014「無花果の森」製作委員会

【動画】『無花果の森』予告 6月14日(土)よりシネマート新宿ほかにて公開

 

 

超新星 ユナク日本映画初主演

『無花果の森』

23年度芸術選奨文部科学大臣賞作

小池真理子原作「無花果の森」完全映画化!!

 

直木賞作家である小池真理子が、平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した「無花果の森」(日本経済新聞出版社・刊)を完全映画化した『無花果の森』が、日本でも超人気の音楽グループ「超新星」のリーダー、ユナクの日本映画単独初主演として完成し6月14日(土)よりシネマート新宿ほかにて公開致します。

公開に先立ち予告編が解禁となり、また、主演の超新星・ユナクさんからコメントが到着しました。

other_large

(C)2014「無花果の森」製作委員会

【主演・ユナクのコメント】

『不倫や芸能界の薬物汚染などを扱っている、この重いストーリーに、最初は心配したのですが、「なぜ、この役が自分に来たのか」を考え、「年齢も重ねてきたことで、俳優として、是非、この役には挑戦してみよう!」と思いました。そう思えたのは、何より、原作が素晴らしかったからです。 今回の映画で、キム・ヨンホという社会で働く普通の雑誌記者とは、どんな人たちか、ということを勉強しました。 髪型、着ている服、どんな話し方をするのかなど…。 相手役の原田夏希さんは、目から感じるオーラがすごい方だなと…。 超新星のみんなでしか映画に出ていない…周囲は全員、日本人のスタッフ…という緊張する中、彼女はとても優しくしてくれて、日本語の発音も教えてくださったりなど、彼女のおかげで、様々なことが、すごく勉強になりました。ユナクとしてのみどころは、映画のテーマは重いかもしれませんが、誰が見ても、共感できるようなテーマがちりばめられています。そして、原田夏希さん演じる、泉と自分のシーンもすごく素敵です。 今回の映画では、ファンの皆さんが見たら、驚くようなシーンもあります。キスシーンにも挑戦したし、ちょっと肌も見せています。でも、頑張って演じた芝居ですから、許してください! 何より、日本の映画には、出演したかったのです…!そして、日本の映画でファンの皆さん会いたい、と思ったのですから!』

sub1_large

sub5_large

(C)2014「無花果の森」製作委員会

 

超新星ユナク・日本映画初主演。絶望の闇におちた男女が織りなす、深く切なく甘美なラブストーリー

 

有名な指揮者の夫からDVを受けている女、そしてそのスキャンダルを追っていたパパラッチの青年。女は夫から逃げ、そして青年は事件に巻き込まれて追われていた。そんな二人の男女が再会し、様々な人々との人生と交錯しながらも、ある一つの方向へと向かう甘美で切ないラブストーリー、それが『無花果の森』である。

原作は、直木賞作家である小池真理子が平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した「無花果の森」(日本経済新聞出版社・刊)を完全映画化。主演は、韓国・日本で人気の音楽グループ「超新星」のリーダーでもあるユナクが、兵役除隊後、初めて単独で映画主演を飾り、これまで見せたことのないハードなラブシーンなどにも果敢に挑戦している。そして、物語の鍵となるヒロインを演じるのは、2004年、NHK連続テレビ小説「わかば」のヒロインを演じて一躍国民的スターの座をつかみ、その後、『イエスタデイズ』や『極道の妻たちNEO』など。

 

共演は、『地獄でなぜ悪い』の江波杏子、『武士の家計簿』の小木茂光、『さよなら渓谷』の三浦誠己、『アウトレイジ ビヨンド』の名高達郎など、演技派の面々が脇を支えている。

プロデュースは、『ケータイ刑事』シリーズ、『さよならみどりちゃん』の丹羽多聞アンドリウが手がけ、監督は、『武士道シックスティーン』、『「また、かならず会おう」と誰もが言った。』の古厩智之、脚本を『ストロベリーナイト』の林誠人、撮影を『のぼうの城』の清久素延、音楽を『『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』の遠藤浩二が担当している。

 

sub4_large

 (C)2014「無花果の森」製作委員会

「君のことを守りたい」彼の言葉が彼女の心に光を射した

日本に留学し、ジャーナリストを目指すも、今では雑誌社のパパラッチとして働いている韓国人青年ヨンホ(ユナク)。彼は世界的有名指揮者、新谷吉彦(三浦誠己)の妻・泉(原田夏希)へのDV疑惑を追っていた。そして、そのことを知られた彼女は、全てを捨て、ある町に身を隠し、偏屈で通る老女性画家・天坊八重子(江波杏子)の住込み家政婦となった。しかし、ある日、ユンホと泉は偶然にも再会する。しかも、再会した時のユンホは、警察に追われていた。追われるヨンホと逃げる泉。二人は次第に心を寄せ合うようになるが…。

sub3_large(C)2014「無花果の森」製作委員会

出演

ユナク(超新星)、原田夏希

小木茂光、三浦誠己、徳井優、木下ほうか、MiNo、瀬戸早妃、かでなれおん、名高達男、江波杏子

スタッフ

プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、監督:古厩智之

原作:小池真理子「無花果の森」(平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞)(日本経済新聞社・刊)

脚本:林誠人、製作:宮崎恭一、小野田英雄、大崎幹、撮影:清久素延、照明:三田村拓

録音:大竹修二、美術:須坂文昭、音楽:遠藤浩二、音楽:大竹史朗

主題歌:「ジュエリーボックス」歌:MiNo

2014年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/98分

特別協賛:VanaH(株)     製作・配給:BS-TBS

©2014『無花果の森』製作委員会    http://www.bs-tbs.co.jp/ichijiku/

(C)2014「無花果の森」製作委員会20140521-無花果の森

 (C)2014「無花果の森」製作委員会

 

2014.05.21

blank