「取材レポ」BTOB自作曲を日本のメロディに初披露!SpecialLiveでお姫さまをますます魅了!

 

KJP20140517_191112

左からチャンソプ、イルフン、ミンヒョク、ウングァン、プニエル、ヒョンシク、ソンジェ

 

BTOBのSpecial Live、『Born to make you happy!!!』 が千葉・舞浜のアンフィシアターにて4月17日(土)、18日(日)2日間にわたり開催。取材に訪れた17日(土)は、手作りのボードやうちわを手にした熱烈なファンが会場に詰めかけ、場内にファンの熱気がみなぎる中、韓国での3rd Mini Album のタイトル曲である「Thriller」からライブがスタート!

KJP20140517_181221_01
BEAST、4minute 等の人気アーティストを輩出したキューブエンターテインメントが満を持して送りだした超大型新人K-POPグループであるBTOBは、長期間の準備を通して育てられた確かな実力を誇るグループ。「ボーントゥービート(Born to Beat)」を略した言葉で、音楽のために生まれたという意味が込められ、「ビート(Beat)」という単語には音楽を通じて世界のリスナーたちを圧倒するという抱負も込められている。メンバーたちは歌とダンスのみならずギターやドラム、ピアノなどの楽器演奏の実力も兼ね備え、世界の舞台を目指すにふさわしく、英語、日本語、中国語など外国語も堪能。

KJP20140517_181618
「その唇を奪った」「秘密」と2曲続けてノリのいいダンスナンバーでファンを盛り上げると、「Born to Beat!こんばんはBTOBです!」と声を揃え、まずは一人ずつ日本語で自己紹介。リーダーのウングァンが「皆さん、お久しぶりですね。この日を待っていました。いい思い出を作っていきましょう!」と言うと、チャンソプは「最近ビールをよく飲んでいますけど、日本のビールめちゃくちゃ旨いですね(笑)」とビールを絶賛。プニエルは流暢な英語で、ミンヒョクは「ものすご〜く会いたかったよ」とニッコリ。「大好きなオレのお姫さまたち!こんな可愛いお姫さまたちの前に立てて光栄です。よろぴく!」とヒョンシクは愛嬌をみせると、「俺たちメロディ(BTOBのファンのこと)に会える日を首を長〜くして待っていました」とイルフン。最後にソンジェが「僕の方から質問があるよ〜。イクラはいくら?イカはまいっか?イヌはここにいぬ?」とダジャレのオンパレードに、メンバーからは「すいませーん」「うるさい(笑)!」などとツッコミが入り、彼らの仲の良さを見ることができた。

 

kjp20140517_182459_01kjp20140517_182603_01
続くMCもすべて日本語でがんばるメンバー。イルフンが「みんな、会ってない間にもっと、きれいく(※綺麗に)なり、可愛くなって、愛らしくなったんじゃない?何かあった?」と会場を見渡す。「もともと可愛くて愛らしかったんだよ〜」とヒョンシク。二人のどことなく棒読みのセリフのやり取りも微笑ましく、客席からは笑いが起こった。

kjp20140517_182631kjp20140517_182649_02
「皆さんに会いたくて、1日が1年のように感じました」とミンヒョクが恋しさを言葉にし、「僕たちから告白したいことがあるんです。聞いてくれますか?」とファンに語りかけると、「2度目の告白」を披露。思い思いにステージを動き回るキュートな姿に、ファンはいっそうときめいた。

 

kjp20140517_183158kjp20140517_183236_01
「My Girl」では、自分の名前のボードを掲げたファンを見つけると赤いバラの花を手渡し、ハイタッチや握手をしたり、惜しみないファンサービスをする姿が見られ、また、スモークがたかれた円形ステージが回る中、しっとりと「Star」を熱唱。その歌声に再びファンは酔いしれた。

kjp20140517_183659_01kjp20140517_183611_02
トークコーナーではファンとメンバーが「ティティパンパン」の踊りの練習をする場面も見られ、和気あいあいとした雰囲気に。ソンジェが「プニエルちゃんに教えた日本語があります!」と言うと、プニエルが自信満々にステージ中央に立ち、「じぇ、じぇじぇじぇ!!」と覚えたての日本語を披露。心優しいファンは温かくそんなプニエルを見守った。

KJP20140517_184506KJP20140517_184116
続いてスタンドチェアが用意され、ヒョンシク、ウングァン、ソンジェ、チャンソプの4人がSMAPの「LION HEART」を見事にカバー。青いペンライトを振るのも忘れ、うっとり聴き入るファンの姿も見られた。そしてステージの端に腰掛け、まるで目の前のファンに語りかけるかのように、「終わらない (Melody)」を初披露。間近で見つめられ大興奮のファン。歌いながら少し照れた様子も見せる4人だったが、メンバー自身が作詞作曲を手がけた楽曲だけに、いっそう気持ちがこもり、その豊かなハーモニーは会場の隅々まで響きわたった。

KJP20140517_184652 KJP20140517_184848 kjp20140517_185250_04kjp20140517_185444kjp20140517_185209
「みんな楽しんでますか?」の声の後、カジュアルな衣装にチェンジしたイルフン、ミンヒョク、プニエルの3人が登場すると、やはりメンバーが作詞作曲した「Hello Mello」を初披露。テンポのよい明るい楽曲でファンを笑顔にさせ、途中で、衣装替えしたヒョンシク、ウングァン、ソンジェ、チャンソプも加わると、続いて車のクラクションをイメージしたという韓国での最新アルバムリード曲「ティティパンパン」。グルーヴ感のあるミディアムなヒップホップナンバーに、客席も自然と体が踊りだす。

 

kjp20140517_190936kjp20140517_190758kjp20140517_190848
曲が終わっても「ティティパンパン!」と歌い続けるメンバーに、「落ち着いて!落ち着いて!」となだめる末っ子のソンジェ。「あーーー!」と、ミンヒョクが名残惜しそうに叫ぶ中、イルフンから「皆さんにお知らせすることがあります」と発表。「なんとなんと!7月19日大阪国際会議場、7月21日に舞浜アンフィシアターで皆さんにお会いすることが決定しました!」とのサプライズ報告に、ファンは大歓声で喜びを表した。

 

KJP20140517_185900_02KJP20140517_190857_01
「やっぱりメロディが大好きだ!」とウングァンが叫ぶと、「愛しか私は知らない」「WOW」とビートの効いたパワフルな曲でステージはさらにヒートアップ!最高潮のままメンバーたちは「バイバイ!」と一旦ステージを後にした。

kjp20140517_192403_01kjp20140517_192337KJP20140517_190005_01
ファンからの「BTOB! BTOB!」と鳴り止まないアンコール。男性ファンからの熱心なかけ声も響く中、スクリーンに「また会いたいですか?」「本当に会いたいですか?」「皆さんの声が最高潮に達しましたら僕たちにまた会えます」と映し出されると、ファンもさらに大きな声でそれに応え、メンバーの登場を今か今かと待つ。
そして声援に応え、再びBTOBが登場!嵐の「Pika☆☆nchi double」、V6の「Feel your breeze」を歌いながら、客席に次々とタオルを投げ入れるメンバー。遠くのファンにも届くように力いっぱい投げ、またファンから受け取ったさまざまなプレゼントを身につけては楽しそうな笑顔を見せた。

kjp20140517_192023_01 kjp20140517_192725_01kjp20140517_192524_02
「ヨボセヨ(もしもし)」ではハートの紙吹雪が舞い、最後は「Catch Me」で2時間弱の熱いステージを締めくくったBTOB。ソンジェが「僕たちメロディのために生まれてきました。皆さんがいなかったら息ができないと思います」とファンのハートをがっちりキャッチ。そして「ありがとうございました」と7人で手をつなぎ、正面だけでなく、左右のファンにも深々とお辞儀をし、熱いライブの幕が閉じた。

kjp20140517_192143KJP20140517_192612_02
終演後には1列に並んだメンバー7人全員とのハイタッチ会が行われ、BTOBと触れ合えるファンにとって幸せな時間となった。
韓国のみならず日本でも、BTOBの勢いは止まりそうにない。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

★BTOB LIVE決定!!
■2014年7月19日(土)大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
1部開演14:00(開場13:00)
2部開演18:00(開場17:00)
■2014年7月21日(月・祝)舞浜アンフィシアター
1部開演14:00(開場13:00)
2部開演18:00(開場17:00)
■Ticket Information
キッスエンタ.jp http://www.kissent.jp/

 

 

2014.05.20

blank