「取材レポ」パク・ジョンミンの熱いハグとキスに会場は大興奮!

DSC_7980

「SS501」のパク・ジョンミンが今回立ち上げた独自レーベル「Park Jungmin inc.」とタワーレコード渋谷店とのコラボレーションにより、新曲5 曲で構成されたミニアルバム「Save Us Tonight」を5月12日(月)にリリース。発売前日の11日(日)には品川プリンスホテル クラブeXにて発売記念コンサートを開催した。

DSC_7648

自らアルバムコンセプト、楽曲コンセプトを決定し、韓国語歌詞のみならず日本語歌詞も自身で手がけたという本アルバム。そんなパク・ジョンミンの熱い思いをファンにしっかり伝えようという気持ちが伝わってくるような、ステージと客席が近い会場にファンも入場から大興奮。緑のペンライトが揺れる中、客席の間をゆっくりと登場したパク・ジョンミンは、ハイタッチでファンにあいさつをしながら会場中央のステージに上がった。

DSC_7858

さっそく新曲の「Save Us Tonight」を披露。パク・ジョンミンのキュートさあふれるダンスに会場のボルテージは一気に上昇した。先日のイベントでもMCを務めたという「にぼし」さんが登場。「ジョンミンさんに初めて会った時に『にぼしみたい』って言われたんですよね」と命名の秘話を明かした。さらに今回のバンドチームもパク・ジョンミンが勝手に命名。「バンド名は『OB』。おっさんバンドです」と紹介して笑いを誘い、ファンだけでなくスタッフまでもジョンミンワールドに引き込んだ。

DSC_7981

パク・ジョンミンが「僕が生まれてきた曲です」と丁寧に紹介して、SS501のデビュー曲「警告」とソロデビュー曲の「Not Alone」を披露。会場はノリノリで一体感を増していった。

今回のアルバムについてパク・ジョンミンは「やっぱり僕も年頃なのでいろんな恋…『甘いラブ』や『悲しいラブ』をつづってみました」と紹介すると、ファンからは歓声と拍手でアルバムリリースを祝った。

またこの日のコンサートは、会場の中央に小型円形ステージが設置されており、それを囲むように客席があるという風変わりな会場での開催にジョンミン自身も大興奮な様子を見せた。「どこに目をそらしても…」と話し始めると、MCから「“そらし”ちゃダメでしょ」とツッコミが入り、息の合ったかけあいで爆笑トークを展開。改めて「どこを見ても家族(=ファン)の皆さんの顔が見えるからうれしいです」と胸キュンなコメントにファンは大きな歓声と最高のスマイルで応えた。

DSC_8153

続いてはステージを回転させながら、SS501の名曲「ハミョヌンアンデ」とジョンミンソロ曲の「君色」をしっとりと歌い上げ、「あなた以外誰も抱きしめない」、「Beautiful」では再びダンスナンバーに戻り、会場は熱気に包まれた。

ここで「ジョンミンとラブラブ妄想にぼし劇場」というファンとの交流コーナー。選ばれたファン1名とパク・ジョンミンが繰り広げるラブラブ劇場を見ながら、うっとりしちゃおうというもの。ステージを終えたジョンミンに、ファンが「また見に来ます」と一言だけ声をかけて去ろうとし、ジョンミンが呼び止める。「まだ行かないで。僕を独り占めにして」と言ってファンに熱いハグをすると、会場は悲鳴のような声が響き渡った。甘い時間も束の間、ジョンミンは「だけど次の曲は悲しい歌だし…僕たちはかなわない恋だから、もう別れなきゃ」と切り出すと手の甲にキス。見守っていた会場内すべてのファンを熱く甘く酔わせた。

興奮冷めやらぬまま「I Feel You(SHADOW LOVE)」で切ない気持ちを歌に乗せると、「Feel It」では情熱的に愛を表現。寂しいときは癒やしになるという「Tender」、やっと音源となって今回のアルバムに収録された「ふたり」と次々に披露し、ジョンミンのラブワールドに誘った。

DSC_8149

「楽しい時間はあっという間に過ぎちゃうね」とそろそろ終盤を告げるコメントに、もちろん会場は一斉に「えーっ」と別れを惜しむ声が広がった。「でもね、皆さんが大きな声でアンコールをしてくれたら、ステージを下りずにそのままアンコール公演にいっちゃいますよ…いちいち下りるのは大変だからね」と爆笑トークで和ませると、SS501の「Always and Forever」を熱唱。最後の「君は知ってる?~届かないメッセージ~」では息の合った掛け声が飛び、パク・ジョンミンとファンが完全に一体と化した。

 

歌い終えるとパク・ジョンミンが手を耳に当て、かわいらしくアンコールを要求。この日一番とも言える大きな「パク・ジョンミン コール」が広がり、そのままアンコールに突入。「Save Us Tonight(K Ver)」、「Wara Wara」と続くダンスナンバーでジョンミンとファンのボルテージは最高潮のまま幕を閉じた。

歌って魅せて笑わせて、カッコよくてかわいい…と果てしなく形容する言葉の続くパク・ジョンミン。自身の魅力と才能をファンの心にストレートにぶつけてくるコンサートは、彼の言葉通り時間が本当にあっという間に過ぎてしまう。これからも“エンターテイナー”パク・ジョンミンとしてのさらなる活躍を大いに期待したい。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

写真提供:Park Jungmin inc.

パク・ジョンミン OFFICIAL FANCLUB   http://www.parkjungmin.jp/

 

 

ミニアルバム「Save Us Tonight」 5月12日(月)Release

 

<通常盤> TSPJ-5001 ¥1,667+税 フォトカードNo.1封入

M1. Save Us Tonight

M2. I Feel You (SHADOW LOVE)

M3. ふたり

M4. Save Us Tonight (Instrumental)

M5. I Feel You (SHADOW LOVE) (Instrumental)

M6. ふたり(Instrumental)

 

<初回限定盤A> TSPJ-5002 ¥1,667+税 フォトカードNo.2封入

M1. あなた以外誰も抱きしめない

M2. Feel It

M3. ふたり

M4. Save Us Tonight

M5. あなた以外誰も抱きしめない(Instrumental)

 

<初回限定盤B> TSPJ-5003 ¥1,667+税 フォトカードNo.3封入

M1. I Feel You (SHADOW LOVE)

M2. Feet It

M3. Save Us Tonight

M4. ふたり

M5. Feet It (Instrumental)

 

<韓国語盤> TSPJ-5004 ¥1,667+税 フォトカードNo.4封入

M1. Save Us Tonight (K Ver.)

M2. Now

M3. Feel It (K Ver.)

M4. I Feel You (SHADOW LOVE) (K Ver.)

M5. 귓가에

 

 

2014.05.17

blank