クォン・サンウが映画「探偵」主演へ、新たなキャラクターに挑戦

PYH2013092409090001300_P2俳優クォン・サンウが新作映画「探偵」に出演し、これまで見せたことのないコミカルな演技に挑戦することがわかった。

韓国メディアによると、クォン・サンウが映画「探偵」の主演に確定したという。2011年に公開された「痛み」以降、3年ぶりのスクリーン復帰となる。

劇中、クォン・サンウは友人が偶然、殺人事件に巻き込まれたことで、推理小説で培った知識を生かして事件を解決していく探偵役に扮する。

クォン・サンウは今回の作品を通してイメージチェンジにも挑戦。所属事務所側は「これまでは重く、かっこいい役柄を主に演じてきたが、今回は正反対の役柄。ドジな部分もあり、コミカルな魅力を見せる予定」と伝えた。

一方、映画「探偵」は2006年に「第8回マクドゥンイシナリオ公募展」の受賞作。「くだらないロマンス」を手掛けたキム・ジョンフン監督がメガホンを取り、ことし7月に撮影を開始する予定だ。

2014.04.14

blank