「個別インタビュー」 “男の中の男”MR.MR、「日本のバラエティにも出てみたい!今後の活動に期待してください!」

DSC_1890

左からチャンジェ、リュウ、ジン、テイ、ドヨン

 

“男の中の男”MR.MRが東京・ヤクルトホールにて4月5日(土)に開催された「MR.MR LIVE EVENT IN JAPAN」でファンとの熱い時間を持ち、昼公演終了後、ジン、テイ、ドヨン、チャンジェ、リュウの5人は、慌ただしい中にもかかわらず、Korepoのインタビューに笑顔で応じてくれた。

MR.MRは2012年10月4日シングルアルバム「Who’s That Girl」でデビュー。グループ名のMR.MRは、“男の中の男”という意味をもち、平均身長180cm以上という抜群のスタイルと、全員がボーカル担当という優れた歌唱力が持ち味。パフォーマンスをするときの「かっこいい!」と、MCで見せる「可愛い!」を兼ね備えた新進気鋭のアイドルグループだ。

昼公演でのファンとのハイタッチ会を終えたあと、楽屋にお邪魔すると、仲良さそうに談笑していたメンバーたち。写真撮影の後で、単独インタビューに応じてくれた。

 

Q.まずは自己紹介と、ご自身のアピールポイントを教えてください。

ジン:初めまして、私はMR.MRのリーダー、ジンです。僕の魅力は“微笑み”だと思います。(と「ハッハッハ」と笑ってみせて)、あとはお尻!

チャンジェ:僕はチャンジェです。低い声と広い背中が魅力です。

テイ:私はテイです。MR.MRのメインボーカルです。セクシーな歌声と、あちこちにある筋肉と眉毛です。

ドヨン:ドヨンです。僕は目力と笑顔と、あと下半身!特に太ももがすごいです!(と太ももを前に出してアピール)

リュウ:僕はリードボーカルのリュウです。末っ子だから歳も一番若いですが、踊るときには一番変わる自分が魅力的ではないかと思います。

DSC_1928 DSC_1918

ジン 

 

Q.昼公演を終えての感想はいかがですか? 

ジン:まず記憶に残るのは、足りなかったところ、ミスしたところがたくさんあったのが残念でした。でもエネルギーを全て注いだので、日本のファンの皆さんに記憶に残るように、夜の公演では頑張りたいと思います。

DSC_1964 DSC_1958 テイ

 

Q.テイさんとリュウさんは、以前、ミュージカルに出てみたいとおしゃっていましたが、何か具体的に出てみたいミュージカルはありますか?

テイ:僕は「ジキルとハイド」と「ノートルダム・ド・パリ」など、歴史もあって、大きな舞台で、演出もいい、そういうものをやりたいです。

リュウ:僕も「ジキルとハイド」をやりたいです。人間の二面性を見せるようなところが好きなので。

DSC_1967 DSC_1980

リュウ

 

Q.チャンジェさんは本が好きだと言っていましたが。

チャンジェ:え?そうでしたか? 今日から好きになります(笑)

 

Q.ファンの人にお薦めしたい本などはありますか?

チャンジェ:この前にファンの方にプレゼントした本があるんですけど、成功した人の話を集めた自己啓発の本で、あれ、なんだっけ、すいません、題名を忘れちゃいました(笑)

DSC_1945 DSC_1934

チャンジェ

 

Q.日本での活動も増えると思いますが、日本で挑戦したいことはありますか?

ドヨン:まずはたくさん公演がしたいです。今までよりもっと多くの人に自分たちを見てもらいたいので、日本にはもっと来たいと思います。

リュウ:僕は日本のバラエティにも出てみたいです。

DSC_1912 DSC_1913

ドヨン

 

Q.最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

ジン:これまでは主に韓国の活動が中心だったので、わざわざ遠い韓国まで来てくださるファンの方もいらっしゃいました。日本であまり活動していなかったので、日本語の曲もまだありませんが、皆さんがたくさん応援してくださると日本語の曲もできると思うので、期待していてください。あと、(韓国で)カムバックもするので期待してください。

DSC_1888

 

最後は「ありがとうございました」と声を揃えてあいさつをしてくれたメンバーたちは、夜公演のリハーサルも控えている忙しい中でも、一つ一つの質問に丁寧に答えてくれた。公演を終えたばかりだというのに、足りなかったところを振り返るその姿勢は、彼らのプロとしてのマインドの高さを感じさせた。今後の韓国でのカムバック、そして日本での活動にもますます期待できそうだ。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

2014.04.10

blank