「速報」ユナク(超新星)日本映画「無花果の森」単独初主演!完成披露試写舞台挨拶に登壇!

DSC_3283

超人気グループ「超新星」のリーダー、ユナクが単独初主演を果たした日本映画「無花果の森」が完成。

【動画】①ユナク(超新星)初主演映画「無花果の森」完成披露舞台挨拶 


DSC_3208 DSC_3213 DSC_3238

6月14日(土)の公開に先駆け、主演のユナク(超新星)が来日、4月9日(水)東京・五反田、ゆうぽうとにて「無花果の森」一般完成披露試写イベントの舞台挨拶にユナク、ヒロインの原田夏希、主題歌を担当し、映画にも出演したMiNo、プロデューサーの丹羽多聞アンドリウの4名が登壇した。

直木賞作家小池真理子が、平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した「無花果の森」(日本経済新聞出版社・刊)を完全映画化した本作で韓国人青年ヨンホを演じたユナクは「すごく、緊張しました。東京ドームで初めてライブするより、緊張しています」と緊張した様子であいさつした。

DSC_2915 DSC_2920

単独主演を果たしたことについて、メンバーからの反応を聞いてみると、「羨ましい!」と言われたと明かした。
また、ユナクは話題のラブシーンに触れ、「キスシーンの撮影前には頭の中にMilky way(超新星のファン)が見えました(笑)。色々な僕の魅力を感じて欲しいと真剣に決めた作品なので、理解してください」と呼びかけた。

DSC_3065 DSC_3199 DSC_3030

最後に「今までのユナクとは違う魅力を感じてもらえると思うので、静かに見て欲しいです」と映画をアピールした。

 DSC_2958 DSC_2972

詳しいレポートは後日掲載いたします。

 

2014年4月9日 pm 4: 10配信 (C)korepoニュース

 

「無花果の森」

【ストーリー】

超新星ユナク・日本映画初主演。絶望の闇におちた男女が織りなす、深く切なく甘美なラブストーリー

「君のことを守りたい」彼の言葉が彼女の心に光を射した

日本に留学し、ジャーナリストを目指すも、今では雑誌社のパパラッチとして働いている韓国人青年ヨンホ(ユナク)。彼は世界的有名指揮者、新谷吉彦

(三浦誠己)の妻・泉(原田夏希)への DV 疑惑を追っていた。そして、そのことを知られた彼女は、全てを捨て、ある町に身を隠し、偏屈で通る老女性画

家・天坊八重子(江波杏子)の住込み家政婦となった。しかし、ある日、ヨンホと泉は偶然にも再会する。しかも、再会した時のヨンホは、警察に追われてい

た。追われるヨンホと逃げる泉。二人は次第に心を寄せ合うようになるが…。

 

出演:ユナク(超新星)、原田夏希、三浦誠己、徳井優、木下ほうか、MiNo、瀬戸早妃、かでなれおん、名高達男、江波杏子

プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ  監督:古厩智之​

原作:小池真理子「無花果の森」(平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞)(日本経済新聞社・刊)主題歌:「ジュエリーボックス」MiNo

特別協賛: VanaH(株) 製作:(株)アタデューラ 配給:BS-TBS

オフィシャルHP:http://www.bs-tbs.co.jp/ichijiku/

©2014『無花果の森』製作委員会

2014年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/108分

 

6月14日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー!

2014.04.09

blank