「取材レポ」「僕は歌手ではありません!」美形俳優ソンフンにギャップ萌え。美し過ぎるビジュアルとおちゃめな性格にメロメロ&大爆笑ファンミーティング!

_DS_0535

「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」「シンイ-信義-」といった人気ドラマに出演、また最新作となるSBSのドラマ「熱愛」(原題)では少女時代のソヒョンらと共演し、高い評価を得て注目を集めているソンフンが、3月27日(木)、東京・日本青年館にてファンミ―ティング「Sunghoon JAPAN FIRST FANMEETING 2014」を開催。美形俳優ソンフンとファンがときめきの時間を持った。

 

昼の部は雨にも関わらず、多くのファンが来場。スクリーンにソンフンの映像が流れた後、パワフルな太鼓のパフォーマンスの中、ステージ後方にセットされたDJブースにソンフンが華麗に登場!黒いTシャツに赤いチェックのシャツを腰にまき、リズムに合わせてソンフン自ら音楽をミックス。また自身も太鼓をたたく姿を披露すると、半袖のTシャツから覗くたくましい腕の筋肉と、その真剣な横顔にファンの視線は釘付け!音楽と照明の幻想的なパフォーマンスで、ファンミーティングの幕が開いた。

_DS_0946

MCの古家正亨の司会で、ファンが「ソンフン氏〜」と呼びかけると、ベージュと白のシャツに白いパンツに衣装替えした爽やかなソンフンが「皆さん、会いたかったです」と日本語であいさつ。「実は着替えが途中で…ベルトをしていなくてゆるゆるで…」とパンツを手で押さえる姿がいきなりファンの笑いを誘う。8ヶ月ぶりだというファンミーティング。「ドラマの撮影中だったので、考えていたよりは準備できなかったのですが、代わりに今までお見せしたことのなかったものを見せたくて、DJと太鼓のパフォーマンスを準備しました。大丈夫でしたか?」と心配そうに問いかける。ファンから「モシッタ!(かっこいい)」と声がかかると、ファンを見てうれしそうに「イェップダ(可愛い)!」と笑顔で応じた。

 

SBSのドラマ「熱愛」の放送も3月23日に終了したばかり。撮影について聞かれると、「6ヶ月の放送、準備期間もいれると7、8ヶ月かかっています。これだけ長くやっていると、ドラマと共に歳をとっているみたいです。初回放送時はツルツルぴかぴかだった顔も、47回を終えてみると歳をとったなと感じます。最終回のときは他の出演者の方と一緒に放送を見ましたが、泣いている方もいましたし、家族のように過ごしてきたので、終わるのが寂しい感じがしました」と振り返った。「今日はこれだけ日本の家族がいるので寂しくないのでは?」とMCに聞かれると「多すぎます(笑)」とツッコミを入れ、立ち上がって「後ろの席の方、ちゃんと見えますか?」「あそこの席は記者さんたちのようですが、大丈夫ですか?」と気配りを見せる場面も。

 

演技者として「熱愛」は、「主演するドラマとしては2作目なので、前作の『芙蓉閣の女たち』と比べてご覧になる方も多いと思います。僕にとっては演技に余裕ができ、リラックスして臨めたと思います」と、お茶目な表情から一転、俳優としての真剣な顔を覗かせた。

デビューの過程について話が及ぶと、「社長が客席にいると思うのですが…」と見渡し、社長がスクリーンに映ると、「石を投げてください(笑)」と冗談を言いながら、「僕が演技者としてこの場にいるのは全て社長のおかげだと思います。僕を大事に育ててくれました」と感謝。小学生の頃から16年間にわたり水泳を続けてきたというソンフン。「水泳をやっていたのはご存知ですよね。水泳の前はハンドボールもやっていました。スポーツをやっていたのになぜ俳優になってしまったのか、話すとほんとに長くなるので、続きは夜の部で話します」と照れた。

_DS_0601

最近の趣味はDJだという。「DJをやりたくて基礎的な部分だけ習っていたのですが、その途中でドラマの撮影に入ってしまいました。お見せしたのは本当に基礎的な演奏ですが、うまく照明でごまかすことができたと思う」と謙遜して見せるが、今回のDJ機材はすべて自分で持ち込んだものだという。「幸いファンの方はあまりDJについて詳しくないようですし、やるということ自体を喜んでくださったので、よかったと思います。この後、自分が歌を歌うのですが…歌についても詳しくないといいな、と思います」と、歌が苦手であることを正直に暴露してファンを笑わせ、「僕は俳優で、歌手ではありません。カスガ〜(韓国語で“歌手では”)?」とマイクを客席に向けると、ファンが韓国語で「アニムニダ〜(ありません)!」とテンポよく応じ、ファンとの掛け合い漫才のような息のあったやりとりを見せた。

 

ファンとの絆のエピソードは続く。ドラマ撮影時には、「スタッフの分まで間食を差し入れてくれた上に、お年玉まで配ってくださったファンの方がいて本当に驚きました。1つ1つ返事はできないですが、ファンクラブのブログやtwitter、Facebookのコメントもチェックしています。元気づけられるし、疲れているときにとても癒されています」とファンへの感謝の気持ちも忘れない。

 

再びDJのパフォーマンス。韓国の民謡「アリラン」をエレクトリックにミキシングしたものだと事前に説明。「いいなと思ったら大きな拍手を、イマイチだなと思っても、大きな拍手をください」と茶目っ気たっぷりに懇願。青いジャケットにチェンジすると、エレクトリカルなアリランをパフォーマンス重視のDJプレイで盛り上げるソンフン。

ゲストにトロットナイトキングが登場。テンポのよい韓国のトロットを2曲歌うと、客席はさらに熱気に包まれた。

続いてソンフンがイ・スンギの「キョロンヘジュルレ(結婚してくれないか)」を熱唱。“歌手”ではなくて“俳優”と強調していたように、ファンはその姿に“うっとり”というよりも“にっこり”。歌い終わるや「今回一番失敗したのはこの歌を選んだこと!恥ずかしくて死にたいってあるんだなとわかりました」と苦笑い。ファンから「前より上手かったよ!」と声がかかると、可愛くスネた表情を見せながら、客席に降りてファンに握手を求め、「この次はもっと上手くなります。次も聞きにきてくださいね」とお茶目に応じた。

_DS_0914

公開フォトセッションが行われると、ファンの見守る中、取材のカメラマンたちの前で緊張した様子でピースサインやハートのポーズを決める。撮影後には「歌うときにも汗は出なかったのに」と思わず本音を漏らす。

 

続いて、プレゼント抽選会のコーナー。選ばれた2名のファンに、ドラマ「熱愛」最終回のサイン入り台本や、Facebookのプロフィール写真でも着ているサイン入りTシャツがプレゼント。さらには2ショットチェキの撮影も。ステージにあがるファンを客席まで降りてエスコートする優しさも見せ、ファンから「肩幅が好き」と言われればジャケットを脱いで鍛えられた背中を見せ、「泳いでいる姿がかっこいい」と言われると「次のファミーティングには舞台に水を用意して僕が泳いでみせましょう」とサービス精神もたっぷり。コントのようなやり取りが続き、その度に客席は大爆笑。

_DS_0808

「今日は平日だし、ファンが十人くらいしかいないかもしれないと思っていました。でも十人のお客さんのために一生懸命やろう、そうすれば十人が百人を呼んできてくれるかもしれない、その次は百人が千人を呼んできてくれるはずだ、と思ってやりました」と、真面目に心境を語った。

 

そしてファンミーティングもいよいよ佳境へ。「最後は歌の時間です」とMCが紹介。爆笑するファンを見て、すかさずソンフンが、「カスガ〜(歌手では〜?)」というと「アニムニダ〜!」と声をそろえるファン。「僕が歌うときは、音程やリズムは気にしないで、感情を聞いてください」と前置きした後、ドラマ「シークレット・ガーデン」のOSTからヒョンビンの「ク ナムジャ(その男)」のイントロが流れる。

「ファイティーン」と声がかかる中、歌いだそうとしてみるものの、リズムや音程がわからなくなってしまった様子。「ちょっと待って!」と慌てて曲を止めると、MCが「どうしたんですか?最初から全然曲と合っていませんでしたよ」とツッコミを入れる。「何が問題だかわからないのが、問題です。本当に恥ずかしくて今死にそう」と、かなり恥ずかしそうな様子に笑いが止まらない客席。気を取り直して公開リハーサルを実施。リズムを取って歌いだしを確認しようとするその飾らない姿に、ファンは思わず笑顔に。再び曲が流れると、「その男」を一生懸命に歌うソンフンを会場は温かく見守った。

_DS_0808

アンコールの後、サングラスをかけて、日本語でTUBEの「ガラスのメモリーズ」を披露。テンポのよい曲にファンは総立ち。銀テープも飛び出すと、盛り上がりは最高潮へ!ステージにはトロットナイトキング、社長やマネジャーも登場し、ソンフンと共にパフォーマンスを盛り上げる。

 

最後はサングラスをとって、「カムサハムニダ!ありがとうございます!Thank You!」と客席の隅々まであいさつし、ステージを後にしたソンフン。

終演後にはハグ会も行われ、“美しい”だけではない、人間味溢れる飾らない魅力を持つソンフンの見た目と茶目っ気とのギャップに、ファンはますます魅了され、終始笑顔の絶えないファンミーティングとなった。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

写真提供:©2014 Stallion Entertainment & IMX,Inc. All Rights Reserved.

■ソンフン日本公式サイト http://www.sunghoon.jp/

 

2014.04.08

blank