初の日本全国ツアー「MYNAME LIVE TOUR 2013~THE DEPARTURE~」を開催!

2013.05.30

 

韓国のトップR&B歌手Hwanhee(ファニ)がプロデュースし、最強ビジュアルアイドルグループとして日本でも活躍中の韓国5人組アイドルグループMYNAME(マイネーム)が5月25日(土)東京・ Zepp Divercity Tokyoにて「MYNAME LIVE TOUR 2013~THE DEPARTURE~」を開催、初の日本全国ツアーを大盛況で飾った。

 

18日の大阪を皮切りに19日の名古屋とLIVE TOURのファイナル公演でもある同公演は3月27日にリリース、オリコンアルバムウィークリーチャート3位を獲得した1stアルバム「WE ARE MYNAME」収録曲「PARI PARI」でスタート!

 

コヌ、チェジン、セヨン、ジュンQ、インスの5人はオープニングステージからファンのこころを掴み、「IF YOU WANNA BE MY BABY」では歌と “カッコいいダンス”を披露し大歓声を浴びた。

メンバーそれぞれが自己紹介後、「いよいよ、僕たちのTHE DEPARTUREコンサートが始まりました。皆さん、最後まで盛り上がりましょう!」と挨拶。

 

インスが「次の曲はいつやりますか?」と会場に呼びかけると「今でしょ!」と流行りのギャクで返すファンたちとの息もピッタリ! ストーリー仕立ての映像と彼らの日本語でのMCでライブが進行。

ブラックスーツで“キメた” MYNAMEの5人がスクリーンに映し出されると会場からは「カッコイイ!」との声とため息が漏れる一幕も。

 

仮面をつけたダンサーと腕を組むダンスで「Anonymous」を、「You're Waiting For Me」ではスタンドマイクを使って歌い、「Beautiful Life」では可愛くキュートにアレンジするなど、曲ごとの演出にこだわり、ファンを魅了した。

さらにセヨンとジュンQの二人がMCで登場、見事な日本語でイベントをリード、即興でラップも披露するなど会場を沸かした。

コヌ、チェジン、インスは大人の雰囲気を感じさせる白いシャツとブラック装いで登場。 徳永英明の「レイニーブルー」をしっとりと歌い上げ、ボーカル担当の実力を発揮、会場を酔わせた。

白いスーツにサングラスで再び登場したセヨンとジュンQは「Everybody in da house」で会場を盛り上げ、コール&レスポンスでファンと一体感のスペシャルステージを届けた。

メンバーの個性が光る日本語でのトークコーナーではそれぞれのキヨミポーズもお披露目、さらにプライベート写真も公開し、ファンを楽しませた。

 

また公演ごとにMYgirl(ファン)からのサプライズもあり、感動するメンバーと更に強い絆を結んだ。 インスが「皆さんに僕たちの気持ちを伝えたいので、ライトを消して下さい。」と呼びかけ、場内が暗転すると会場はファンのもつペンライトの光で輝いていた。

 

「THE DEPARTUREというコンサートは本当に皆様の応援と笑顔に包まれてここに来ることが出来ました。これから僕たちと皆様が素晴らしい思い出をたくさん作っていくスタートとなり、とても嬉しいです。僕たちMYNAMEは皆さんと一緒なら、何も怖くないです。僕たちは絶対にひとりではありません。 MYgirlの皆さんと頑張って下さるスタッフさんがいるので頑張れます。 僕たちがもっと高いところに行けるように皆様が案内して下さい。これからもっと頑張っていきますので、よろしくお願いします。」とインスがメンバーを代表し挨拶、全員で深く頭を下げて感謝の気持ちを伝えた。 ]

 

アンコールでは初主演映画の曲「baby I' m sorry」とアルバム収録曲「WE ARE THE NIGHT」も披露。 ダブルアンコールではデビュー曲「Message」を歌い、ファイナル公演を大盛況で締めくくった。 オープニングからダブルアンコールまで全22曲、ダンスナンバーからバラードまで様々なジャンルでライブを盛り上げ、歌にトークにと5人の魅力が炸裂したLIVE TOURとなった。 韓国でのカムバックも6月に決定、初主演映画の公開と彼らの益々の活躍に期待が高まる。

 

 

*MYNAME OFFICIAL SITE: http://www.myname-jp.com/
*MYNAME 公式Twitter @myname_jp:  https://twitter.com/myname_jp

 

取材:Korepo (KOREAREPORT INC)