Sechs Kies、16年ぶりに音楽番組に出演「自信がついた大切なステージ」

「Sechs Kies」、16年ぶりに音楽番組に出演「自信がついた大切なステージ」

「Sechs Kies」が16年ぶりに音楽番組のステージに立った感想を明かした。

「Sechs Kies」は4日午後12時10分に放送されたSBS「人気歌謡」で、トリプルタイトル曲「騎士道」「情熱」「カップル」のステージを披露した。

この日、メンバーは約16年ぶりに立った音楽番組のステージで、5人5様の魅力を十分に発揮。ウン・ジウォンは「ステージセットもカッコいいし、以前より環境もだいぶ良くなった。僕たちが全力を注いで準備したものをこれからも、じわじわ見せていく。たくさん関心を寄せてほしい」と感想を明かした。

イ・ジェジンも「16年ぶりにまた音楽番組に出演することになった。タイトル曲3曲のステージを全て見せられて、気分が良い」と話し、キム・ジェドクは「単なるスケジュールの一つではない。ステージ一つ一つがとても大切。緊張したが、ファンの皆さんがたくさん来てくれて、自信がついた」と伝えた。

「Sechs Kies」は最近、ニューアルバム「2016 Re-ALBUM」をリリースし、精力的に活動を展開している。

WOW!korea提供

2016.12.04

blank