映画『王になった男』来日記者会見!大ヒットの要因は「イ・ビョンホンが出演しているから!」

 

1月29日(火)都内の会見場にて、映画『王になった男』のイ・ビョンホン来日記者会見がおこなわれた。

多くの報道関係者が待ちわびる中、グレーのスーツ姿のイ・ビョンホンが会見場に登場。

一斉にフラッシュを浴びたイ・ビョンホンは「来日することも久々なのですが、日本でこうして記者会見することも久しぶりなので、とても胸が高鳴っています。」と挨拶して会見はスタート。

 

本作品では“時代劇”と“1人2役”というイ・ビョンホンにとって初めてづくしの内容で“挑戦”という意味合いが強いのでは?という質問に対し、 「今までやったことがないからではなく、単純にストーリーを読んですばらしかったし、とにかく楽しい内容だったので出演を決めました。

 

実際の撮影も本当に楽しかったし、新しい経験ができて、多くのことを学びました。」と答えた。 また韓国では歴代3位という興行成績をおさめたが、その要因を 「イ・ビョンホンが出ているからです。」とキラースマイルで一言。すぐに「冗談です。」と日本語で答えると、会場内の緊張感が一気にほぐれた。

 

続けて「実際に王の日記の中で15日間の空白があります。その空白の15日間に、こんなことがあったとらどうだろうか?というフィクションを、歴史的な事実を基にしながら作った映画なので、多くの人の関心が集まったのだと思います。また映画をご覧になれば分かりますが、身分の低いハソンという人物が王様のまねをしながら、国や時代を問わず誰もが感じ得る鬱憤や不満、悲しみなどを私たちの代わりに吐露してくれたので、多くの人が痛快に楽しめたのだと思います。」と真摯に語った。

常に撮影現場を引っ張っていく俳優と、国をリードする王というのは共通点が多いようだが…という問いに対する答えには、俳優としての心構えが垣間見れた。

 

 

「確かに常に多くの人からの視線を浴びていて、またそのために制限された生活をしなきゃいけない点や力があるといっても乱用できない点、命令したことがそのまま通るが、それに対し自分で責任を取らざるを得ない点などが似ているように思います。しかし王様は常に民の声に耳を傾け、民が望むことをしていかなければなりませんが、俳優はファンが望むような作品や演技ばかりはしていられません。またそうしてしまったら自分の個性がなくなってしまうと思います。俳優は作品を選ぶにしても自分の意志が大事です。もちろんファンやスタッフの声に耳を傾けなければいけないのですが、あまり他人の声に耳を傾けすぎてしまうと自分のカラーや意思をなくしてしまうという面があるので、そこが王様とは違う点だと思います。」と語った。

 

ここでBSジャパン「韓流ファクトリー」に出演中の藤原倫己から「ビョンホン先輩、お久しぶりです。」と巧みな韓国語で挨拶をすると、「君がいることに気づかなかったよ。すまない。」とニッコリ。

 

劇中でハソンが、カッコよくカリスマ性のある笑顔で民に近づいていったように、カリスマ性のある笑顔で後輩たちに歩み寄り、多くの後輩から慕われているイ・ビョンホンのようになるため、鏡を見ながらカリスマ性のある笑顔を研究しているが…というお悩み相談のような質問に 「今回のように舞踊などの練習をすることはありますが、表情の練習をするということはありません。なぜなら俳優というのは、自分の中にある感情を伝えていくなかで表情が出てくるものなので、上っ面の表情だけでは気持ちを伝えることはできないからです。だからそんな練習はしないでください。」とカリスマ性のある答えが返ってきた。

 

そんなカリスマ的な俳優として常に自分を高めている印象の強いイ・ビョンホンだが具体的に気をつけている点はというと… 「俳優という職業は、何かを練習したり勉強したりして、いい俳優になれるものではないと思っています。なぜなら、俳優は人生を語り、体で表現するものだからです。後輩たちにはよく“大人になるな”と話しています。俳優やアーティストというのは、面白い、奇抜なアイデアを出したり、突拍子もないことを考えたりする必要がある場面が多いと思いますが、“大人になる”というのは、そういった考え方の芽をつぶしてしまうことになる気がしています。韓国では両親から“分別のついた大人になりなさい”とよく言われるのですが、私は後輩たちに反対のことを言っていることになります。それはいくつになっても少年の心を持っていれば、よりよいアイデアを出したり、表現をしたりすることができるのではないかと思っているからです。」と俳優魂を熱く語った。

「しかし後輩たちにそんな話をしておきながら、自分ではなかなか実践できてないところが、私の短所ですかね。」と笑いを誘った。

既にロサンゼルスで行われたプレミアム試写会では、韓国時代劇映画にもかかわらず、習慣や文化の全く違う欧米人に大絶賛されたというこの作品を「もし自分が王だったらどうするか?と考えながら見ていただければ、痛快に楽しめると思います。」とアピール。

笑いあり、熱い語りもあり、内容の濃い30分の会見があっという間に終了した。

 

映画『王になった男』
2013年2月16日(土)より新宿バルト9、丸の内ルーブルほか全国ロードショー!
配給:CJ Entertainment Japan
公式サイト:http://becameking.jp/

取材:Korepo photo ham / report atsuko

2013.01.29

blank