カン・ドンウォンが1位=11月映画俳優ブランド評判

カン・ドンウォンが1位=11月映画俳優ブランド評判

映画俳優ブランド評判11月の調査結果、カン・ドンウォンが1位を獲得した。

韓国企業評判研究所は10月25日から11月26日まで韓国の消費者が愛する映画俳優25人のブランドビッグデータ56,011,412を分析し、消費者たちのブランド参加、メディア、疎通、コミュニティ量を推測した。10月のブランドビッグデータ67,429,083と比べると、16.93%下回った。

11月の映画俳優ブランド評判ランキングはカン・ドンウォン、イ・ビョンホン、コン・ユ、ユ・ヘジン、チョン・ジヒョン、キム・スヒョン、ユ・ジテ、チャ・スンウォン、ソン・イェジン、ハ・ジョンウ、キム・ヘス、ユ・アイン、ソン・ガンホ、オ・ダルス、キム・ユンソク、ハン・ヒョジュ、ファン・ジョンミン、チョン・ウソン、ハン・ジミン、イ・ジョンジェ、チョン・ドヨン、チェ・ミンシク、パク・ヘイル、リュ・スンリョン、ソル・ギョングの順だった。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「11月の映画俳優ブランド評判分析結果、映画『隠された時間』の主演俳優カン・ドンウォンが1位を記録した。少年のような俳優カン・ドンウォンと少女漫画の主人公として会った。島に転校してきた寂しい少女は少年と友達になる。消えた少年が突然大人になって現れた。止まった時間に閉じ込められ、一人で年を取ったという少年を信じるのは少女だけだった。映画『隠された時間』はヒットこそしなかったが、俳優カン・ドンウォンの挑戦を見ることができた」と分析した。

続けて「カン・ドンウォンのブランドに対するキーワード分析は『隠された時間』『舞台』が多く、リンク分析は『若い』『美しい』が高かった。ブランド肯・否定比率を見ると、肯定比率82.98%だった」と明かした。

WOW!korea提供

2016.11.27

blank