女優パク・シネ、飢餓対策の「フィランソロピークラブ」に委嘱

201611231006771583_5834ec890aa22

国際救護団体飢餓対策は、俳優パク・シネを飢餓対策の高額後援者の集まりである「フィランソロピークラブ」に委嘱したと23日に明らかにした。
2011年から広報大使として飢餓対策に同参してきたパク・シネは、2012年からファンクラブの名前を取ってつけた「星光の天使(StarLight Angels)プロジェクト」をファンと共に行い、飢餓対策と国内外の児童を助けるための助け合い活動を続けてきた。

韓国では、底所得家庭の児童を助けるために飢餓対策が運営する児童センター「幸福なホームスクール」に暖房費の支援を行い、アフリカのガーナに多目的教育センターの「シネセンター」を建設し、フィリピンのマニラ近郊にも2番目の「シネセンター」の建築を推進中だ。(2ページに続く)

2016.11.23

blank