「取材レポ」インス(MYNAME) “ミュージカル俳優デビュー!情熱的な歌とダンスで魅力全開!”「カフェ・イン ~Mr.ソムリエ ♡ Ms.バリスタ~」に初出演!

insoo_3_1106

今年日本デビュー4周年を迎えたアイドルグループMYNAMEのインスが東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演中のミュージカル「カフェ・イン ~Mr.ソムリエ ♡ Ms.バリスタ~」の舞台でミュージカル俳優デビューを飾った。
本作は、韓国ザ・ミュージカルアワード2冠に輝く演出家ソン・ジェジュンと、現在ニューヨークを拠点に活躍中の作曲家キム・ヘヨンの“韓国ミュージカル界最強のタッグ”との呼び声高い2人が送りだした、恋に不器用な女性バリスタと ちょっぴりマヌケなプレイボーイの男性ソムリエが主人公となるロマンティック・ラブコメディの2人芝居。

インスが演じる男性主人公のジミンは、少女時代のサニーとウ・グムジがダブルキャストで演じるマネージャー兼バリスタのセジンが働くカフェ「Love is」に夜シフト要員としてやってきたソムリエ。勤務時間の異なるジミンとセジンはお互いの顔も知らないまま、カフェに置かれた黒板を通じて恋愛の価値観についての言い争いを始める。不幸な偶然が続いたせいで恋に臆病になってしまったセジンに興味を持ったジミンは客として昼間のカフェを訪れ、セジンにバレない為に“ジョンミン”という別人の名前を名乗る。セジンが恋をするのはカフェの客、ジョンミン。そしてその恋を成就させる為のデートコーチとしてセジンに助言するのは変装したジミン。最初はからかい半分だったジミンだが、だんだんとジミンとしてもジョンミンとしてもセジンに惹かれていることに気づき始める。

insoo_1_1106
今回の公演では、このジミンをトリプルキャストとしてインスと共に超新星のソンジェ、U-KISSのキソプが演じた。
11月5日(土)19:00開演の公演では少女時代のサニーと舞台に登場したインスは、初舞台とは思えないほど落ち着いた雰囲気で、真面目で純朴な印象を与える。
そんなインスだが、歌ではとても熱っぽく攻めてくる。ジミンとセジンの間に険悪な空気が漂ってしまう劇の後半で歌われる切ないナンバーは特に必聴だ。登場人物の心情をドラマティックに盛り上げてシーンを印象付ける韓国ドラマのOST曲のように、インスがジミンとして歌い上げるメロディーには観ている者の心をぐっと物語に引き込む力がある。サニーと作り出すハーモニーもとても美しく、サニーの声を柔らかく包み込む低音のハモリが、2人の不器用でも真っすぐに恋する気持ちを観ている者の心にあたたかく届けた。
ジミンとセジンの駆け引きを表現した情熱的なラテンミュージックに合わせてダンスを披露するシーンでは、二人の堂々としている様に、ミュージカル初挑戦ということを思わず忘れてしまう。

(2ページに続く)

2016.11.19

blank