俳優ユン・シユン、"ボランティアは、僕がいただいた愛のお返し"

201611181130773143_582e6aed30629

俳優ユン・シユンが、お金の価値を改めて感じた。
ユン・シユンは、18日に放送された「2016 希望TV SBS」でケニアを訪問し、ご飯もまともに食べることができない人々のためにボランティアと助け合いをした。
ユン・シユンは、製作サイドから一番価値あることに600シリングを使うようにというミッションを受けた。この600シリングは、韓国で6370ウォン(日本円で約600円)に相当する金額だ。

そこでユン・シユンは、食べ物を買って子供達に食べさせ、これを見たおばあさんは申し訳なさとありがたさで涙を流した。ユン・シユンは、「僕がおばあさんからもらった愛を知っているので、目つきと涙だけ見てもそのおばあさんの心をなんとなく感じることができます。誰かのためにボランティアをしたり分けあうのは、僕がもらった愛を少しでもお返しすることです」と語った。


この6370ウォンは、韓国を出発する前にユン・シユンが食べたビビンパの価格だったが、ケニアの子供達の24回分の食事を解決することができるお金でもあった。ユン・シユンは、「600シリングが持つ大きな力に驚きました。僕がこれまで使ってきたお金に対して恥ずかしくなりました。わずか200ウォン(20円)で子供と母親がご飯を1回食べることができます」と言った。

2016.11.18

blank